【アウディを極める】Audi Q8見てきたレポート② インテリア編!





Q8見てきましたレポート第2弾!


アウディらしい先進感はインテリアにもあるのでしょうか。








2019年9月3日に発売予定の新しいフラッグシップSUV、Audi Q8が期間限定で特別展示されていたので見てきました!!わーい!!!やった!!!


前回はエクステリア編だったので、今回はQ8のインテリア編です。

【アウディを極める】Audi Q8見てきたレポート① エクステリア編



※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!









今回Q8が特別展示されていたのは、東京にあるAudi芝浦。


ヤナセ東京支店(本社)ということで、私がお世話になってるメルセデスディーラーもここの支店ということになります。ありがとうございます(??)


8/18までの特別展示で、日本で唯一の展示車とのこと。
Audi芝浦ホームページ




Q8のグレード構成と価格(消費税8%)
・55 TFSI quattro 992万円
・55 TFSI quattro debut package Luxury 1102万円
・55 TFSI quattro debut package S line 1102万円

消費税10%だと
・55 TFSI quattro 1010万円
・55 TFSI quattro debut package Luxury 1122万円
・55 TFSI quattro debut package S line 1122万円

パワートレーンはすべて3LのV6ガソリンターボに8速のトルコンATであるティプトロニックを組み合わせています。

ボディサイズは
全長4995mm×全幅1995mm×全高1705mm
ホイールベースは2995mm

とにかくでかいですね。ライバルはGLEクーペとX6でしょうか。欧州ではSQ8も発表済みですので、そちらはカイエンクーペとも競合しそうです。



※今回見てきたQ8はまだ日本発売前で、豪州仕様のため日本仕様とは異なる場合があります。あくまで参考程度までにお願いします。


前置きが長くなりましたがQ8のインテリアをチェック!




・Q8インテリアの質感について



ドアトリムはソフトパッド、スエード調の生地、レザーで覆われていて質感は悪いはずがありません。

Q8のコンフィギュレーターを見ていたら、日本仕様にもこのメトロポリスグレーというカラーはありました。
日本仕様ではインナードアハンドル部が本杢ではなく、アルミのようなやつになってそれはそれでかっこいいと思いました。





インナードアハンドルの部分は本杢のパネルが台座になっています。木目がかなりリアルなので本物の木だとは思いますが、これでダミーって言われたら何を信じたらいいのか分からなくなるレベルです。

各スイッチ類の周りもメッキのパーツに囲まれていて、細かいところではあるけど質感はかなり高いですね。
けど正直言うと、ドアトリムは私のCクーペの方が質感は高いと思います。




そしてウィンドウスイッチ周り(被写界深度合ってなくてごめんなさい)

台座がインテリアのカラーと同じなので統一感もあっておしゃれですね。
ウィンドウスイッチの質感は正直普通ですが、ドアミラーの調整スイッチはグロスブラック塗装だったり、メッキが付いてたりとそこはかなり質感高いです。




Slineパッケージを付けるとスカッフプレートも専用のものになって、恐らくイルミ付きだと思います。
イルミ付きスカッフプレートって乗り降りするたびに所有欲を満たしてくれるからすごく好きなんですよね。


パワーシートのスイッチはもちろんメッキの加飾がされていて質感は十分なのですが、その横にあるランバーサポートのスイッチは質感低くないか?????
無塗装っぽくてなんでここだけ扱いがひどいのってくらいパワーシートスイッチとの格差がありますね。




後席から眺めたフロントはこんな感じ。

グロスブラックで統一されたインパネ周りはかっこいいです。他の色があってもいいのにとも思えますが、ここまで統一されてるとかっこいい。


けれど、1000万クラスでSUVのフラッグシップなんだから、ステアリングホイールの真ん中をレザーにしたり、ダッシュボードにステッチを入れたりとか、そういったものがあれば価格に対して納得はいくと思います。






Q8インテリアの機能ついて




Q8クラスになると、バーチャルコックピットはもちろん標準装備。

メーターのデザインも変わりましたよね?私の記憶だと黒でしたが、グレーっぽい色になっていて、タコメーターとスピードメーターの数字が浮いてるようにも見えて新しい。

バーチャルコックピットの使い勝手の良さが本当に羨ましくて、私のCクーペに移植したいくらいデジタルメーターの中では一番好きです。




そしてQ8でびっくりしたのがここ!

ドイツ車のライトスイッチはダイヤル式のスイッチがお馴染みでしたが、Q8では超シンプルに3つのボタンが並んでいるだけ。

真ん中はフロントフォグっぽいですが、Q8のフロントマスクを見てもフォグは見つからないんだけどヘッドライトの中に隠れてるパターンですか??


一番右のヘッドライトスイッチは、スモールとオートのみ。
無灯火を防ぐには走行中のライトオフを出来なくするのが一番ですし、そう言えば日本でもオートライトが義務化されますね。




横長のエアコン吹き出し口がインパネと同化してて目立っていないのがすごくいい!!なんかちょっと感動しました(笑)


最近のアウディはコマンドコントロールをやめてタッチパネルに回帰しましたね。
2つある液晶ディスプレイのうち、上はナビ等の画面で下は主にエアコンとかシートヒーター等のディスプレイっぽいです。

個人的にはタッチパネルだと画面汚れるし走行中は操作しづらいのでコマンドコントローラーがあった方がいいな~と思っていますが、将来の自動運転を見据えてのタッチパネル化なんでしょうね。

早く完全自動運転の認可下りないのかな~
遠出した日の帰りはきついし23時過ぎると眠くて仕方ないよ~~~~~~




Q8のドリンクホルダーは蓋が付いてるので使わないときは閉じておけば大丈夫。ドリンクホルダーの中って地味に掃除めんどくさいので蓋があると助かります。

あ、あとハザードスイッチは押しやすい場所にあるけどもうちょい大きければブラインドタッチも簡単にできるかな。




サンルーフはオプションで、110万円のラグジュアリーパッケージを選ぶと付いてきます。
オプションで110万ってやばくないか???(急に冷静)
安い軽自動車1台買えるけど1000万クラスの車になれば100万なんて気付かないレベルなんですかね。

ただし、Slineとラグジュアリーパッケージは同時選択ができないので、サンルーフが欲しいならSlineは諦めなければいけません。




Q8の後席は広く、膝前は拳3つくらいは入るんじゃなかな。

これだけでかいと大人4人で快適な長距離ドライブができますし、後席のエアコンは左右で温度調整ができるはずなので、広さ以外でも快適に過ごすことができそうです。




Q8はSUV×クーペのクロスオーバーですが、サッシュレスのドアに加えてもうひとつクーペっぽいなと思ったところがありました。



そう、ドアトリムの下にラゲッジの開閉スイッチがある!!

もちろん外からも開閉は出来るはずですが、ここにスイッチがあるのを発見したときは笑いそうになりました。
デザインだけじゃなくて、機能面でもクーペアピールをしてるかは分からないけど、実車を見てみないと分からないそんな発見もありました。






Q8インテリア編まとめ!


ということでQ8のインテリアを見てきましたが、質感は高い部分はあったものの、フラッグシップSUVとしてはちょっと物足りないところもあったので、年次改良かマイチェンに期待しましょう。まだ発売前だけど。


機能面は、デザインが変わったバーチャルコックピットや2つ並んだ液晶ディスプレイ、ライトスイッチなど新しさがアウディならではだなと感じました。


1000万オーバーの価格は乗ってみないと良いのか悪いのか分からないけど、きっと納得しちゃう乗り味なんだろうなと思います。試乗してみたいけどディーラー行くの怖いからアウディもメルセデスミーのような施設を復活して欲しいです。






ということで、Q8が気になってる人、現在車の購入を検討している人はぜひとも下のリンクから一括査定してみることをおすすめします!!(おすすめします)

ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。
また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!

車の購入を検討してない人も愛車の現在の価値を確認してみるのも良いですね!







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







【アウディを極める】Audi Q8見てきたレポート① エクステリア編!








アウディが創り出すこれからのSUV


Q8のエクステリアをチェック!








2019年9月3日に発売予定の新しいフラッグシップSUV、Audi Q8が期間限定で特別展示されていたので見てきました!!わーい!!!やった!!!

発売前ということでとても興奮が収まりませんが、Q8のエクステリアを見ていきましょう。


※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!









今回Q8が特別展示されていたのは、東京にあるAudi芝浦。


ヤナセ東京支店(本社)ということで、私がお世話になってるメルセデスディーラーもここの支店ということになります。ありがとうございます(??)


8/18までの特別展示で、日本で唯一の展示車とのこと。
Audi芝浦ホームページ




Q8のグレード構成と価格(消費税8%)
・55 TFSI quattro 992万円
・55 TFSI quattro debut package Luxury 1102万円
・55 TFSI quattro debut package S line 1102万円

消費税10%だと
・55 TFSI quattro 1010万円
・55 TFSI quattro debut package Luxury 1122万円
・55 TFSI quattro debut package S line 1122万円

パワートレーンはすべて3LのV6ガソリンターボに8速のトルコンATであるティプトロニックを組み合わせています。

ボディサイズは
全長4995mm×全幅1995mm×全高1705mm
ホイールベースは2995mm

とにかくでかいですね。ライバルはGLEクーペとX6でしょうか。欧州ではSQ8も発表済みですので、そちらはカイエンクーペとも競合しそうです。



※今回見てきたQ8はまだ日本発売前で、豪州仕様のため日本仕様とは異なる場合があります。あくまで参考程度までにお願いします。


前置きが長くなりましたがQ8のフロントマスクからチェック!




やっぱ横長のナンバープレートはかっこいい!!!

Q8を見て一番最初に思った感想がこれ。ごめんなさいまじなんです。
特に欧州車やかっこいい車には横長ナンバープレートの方が2万倍かっこよく見えますよね。

まあそんなことは置いといて、Q8のフロントマスクはとにかく迫力満点!!
グリルの大きさは言わずもがなですが、でっかい縁や格子状のパーツもQ8の迫力を作り出してますね。

フォーシルバーリングスの下にはフロントカメラがあるので、ボディはでかいけど少しは助けになるのかな。




最近のアウディはデイライトがすごく特徴的!

チューブ状のシームレスに光るデイライトはアウディが始まりだった気がしますが、最近の車はそれに倣ったようなデイライトも増えてきていて、アウディはそれらを一歩引き離すデイライトのデザインで、アウディらしい先進感がビンビンに漂ってきています。

マトリクスLEDヘッドライトは標準装備のはずで、72万円(税8%)のコンフォートアシスタンスパッケージ選ぶと、レーザーを組み合わせたHDマトリクスLEDヘッドライトになります。

なんかもう技術がすごすぎて人間がついていけないぞ????




オプションのSlineパッケージかラグジュアリーパッケージを選ぶとエアサスが装着でき、地上高は最大245mmまであげることができます!

ぱっと見は都会的なSUVでありながら、オフロードもちゃんと走れそうでそりゃ1000万もするわナァって感じで24歳の若造は感動しっぱなしです。


アウディジャパンのコンフィギュレーターで、このボディーカラーを探したのになんと日本仕様には無い模様。



Q8のリアビューはなんといっても傾斜したリアウィンドウと見るからに頑丈そうなCピラーが特徴。

最近はSUV×クーペのクロスオーバーが増えてきて、2ドアクーペ乗りの私は「なんでもかんでもクーペって言葉使うなし!!」って思ってるのですが、Q8はSUVクーペという言葉がぴったりなほど美しいサイドビューです。

ちなみにQ8はなんと!サッシュレスのドアを採用しているんです!!
個人的にクーペを名乗るならサッシュレスにしていて欲しいのでこれは最高です。




タイヤサイズは標準が275/50R20で、Slineパッケージを選ぶと、豪州仕様と同じデザインの285/40R22というぶっ飛んだサイズになります。

フェンダーモールがボディカラーと同色になるのも都会っぽくていいですね。

こんなでかいタイヤを見ると、スタッドレス&ホイールめっちゃ高そうだな・・・って思う私はまだ心が狭いということで。Q8買える人はそんなこと気にする必要ないんだろうな~!!!




このぶっといCピラーがたまりませんね。

そしてリアドア続くマッチョなリアフェンダーと鋭いプレスラインがQ8の特徴とも言えるでしょう。
やっぱり女性はこういう筋肉質な車が好きなんでしょうか。私も筋肉つけなきゃ(脱線)(つけなきゃって思うだけ)




テールランプもA8やA7と同様に横一直線のタイプ。
最初はどうしても見慣れないテールランプでしたが、Q8の実車を見てすぐに好きになりました。

テールランプ下部の縦線になってる部分は、デイライトと似たようなデザインが統一感を生んでますね。

そういえばアウディのショールームって夜通ると必ずライトを点灯させてるけど、あれはほんとうに反則レベルでかっこよくないですか!!
なんならショールームの前に1時間くらい座って見てても良いくらい。




最後に!めちゃくちゃかっこよくて美しいQ8ですが、残念なポイントもあります。




マフラーダミーのやつかーい!!


これだけしっかり造ってあるとマフラーもちゃんと出てるのかなと思いきやダミーでした。
今後のアウディはみんなそうなってくんですかね?確かにスマートかもしれないけど、HVでもないんだしマフラーは出してほしかったです。

まあ文句言っても仕方ないけどQ8が買えるようになったら文句言ってもいいよね!!!頑張る!!!







Audi Q8エクステリア編まとめ!





Q8は実車を見るまで正直あまり興味はありませんでしたが、いざ実車を見てみると想像以上の迫力と細部まで美しいスタイリングに惚れ惚れしちゃいました。

あの独特のフロントマスクは昔からのアウディファンには納得いかないかもしれません、けれどメルセデスやBMWと違い常に時代を先取りしてるアウディらしいデザインは、エポックメイキングな1台だと思いました。


ということで次回はインテリア編です。





ということで、Q8が気になってる人、現在車の購入を検討している人はぜひとも下のリンクから一括査定してみることをおすすめします!!(おすすめします)

ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。
また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!

車の購入を検討してない人も愛車の現在の価値を確認してみるのも良いですね!







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!






プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR