魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話 ドライブフィール&装備編!








GWにシェアカー・プラスで借りたメルセデス・ベンツCLS 220d Sportsのインプレッション!
今日はドライブフィール&装備編です。


※GWはまさかブログを始めるなんて思ってなかったので写真は少ないですすみません



前回までの記事はこちら
魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話


魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話 内装編!



車はやっぱり走らせないと何も分からないですよね。
CLSのドライブフィールはメルセデスの名に相応しいのでしょうか。


一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!


















私が借りたCLSは220d Sportsという2L直4ディーゼルターボを積んだグレード。
CLSは各パワートレインに一つのグレードしかありません。
その分、220dはナッパレザーのシートやエアサス等が付くエクスクルーシブパッケージ(587,000円)を選択できます。

CLS 220d Sportsのボディサイズは
全長5000mm×全幅1895mm×全高1425mm
ホイールベースは2940mmです。





ディーラーを出て走り出すと、全長5mオーバー、車重が1840kgもあるのに車が軽く感じました。
Mercedes me TokyoでCLS450を試乗したときはここまで軽さを感じなかったので、やはりディーゼルとは言え4気筒の軽さはありますね。
ステアリングも低速域は片手で回せる程軽いのでその影響もあるのかもしれません。


(上の写真はCLS450)


そして気になるディーゼルエンジンのスペックは
最高出力194ps/3800rpm
最大トルク40.8kg・m/1600~2800rpm

トルクバンドが1600~2800回転の割と広めなのも実用的で良いですね。
JC08モード燃費は18.6km/Lです。


ディーラーから出てすぐは狭い道が続くので低速で走らなければいけないのですが、とにかくエンジンが静かで振動も無い!!
本当にディーゼルなのかと疑うくらい静かで、前愛車であるCLA180(ガソリンエンジン横置き)よりも振動が少ないくらいです。本当に。
さすがにアイドリングストップからの復帰時は少し振動も感じましたが、それくらいしか振動を感じる場面は無かったです。


広い道に出て時速50キロくらいまで加速をしてみてもエンジンの静かさは相変わらずです。
ただ、1500回転付近での音質はディーゼルらしいかなと思いました。
しかし、ディーゼルらしい音質と言ってもガラガラ音ではなく重厚な音質なので、音だけでディーゼルだと気付く人も少ないと思います。

そしてこの車には9速のトルコンATが搭載されているため、シフトショックも少なくよりディーゼルのネガな部分を消すことが出来ていますね。

空いてる道を巡航していると平均燃費がどんどん伸びていくので見ていてすごく気持ちが良かったです。








CLSと過ごす2日目は箱根と静岡へドライブへ行きました。


中央道~圏央道~小田原厚木道路とこの車が本領発揮する高速ドライブです。
インターから本線へ加速をすると、背中がシートに押し付けられるとまではいきませんが(大人3人乗車だったので)あっという間に制限速度に到達。
速さを求めるのであればやはり450かAMGの53が向いてますね。

高速で驚いたのが、ロードノイズと風切り音がとにかく静かであること。

CLA→Cクラスと2台メルセデスに乗っていますが、意外とロードノイズは聞こえるんですよね。
メルセデスだからロードノイズはめちゃくちゃ静かなんだろうな~と思っていたら意外と聞こえてびっくりしたことがあります。
ロードノイズに関してはCLSは非ランフラットタイヤでCLAとCクーペの19インチはランフラットタイヤなのでその影響もあると思いますが、エンジンも静かであることを考えればCLSの遮音は相当頑張っているはずです。

高速ではメルセデスお馴染みの運転支援システムをフル活用しましたが、ディーゼルの豊かなトルクは中間加速時もシフトダウンせずにグイグイ加速をするのでレーダークルコンとの相性がとても良く、勾配の多い中央道も快適にドライブできました。

メルセデス自慢の9ATはCクラスだと時速100キロで9速に入りますが、この車は時速100キロでも8速でした。
新東名の時速120キロ区間では9速だったので9速に入ることは少ないですね。

気になる乗り心地もボディが大きく重い分有利になるため路面が良いとは言えない中央道でもまるで新東名を走ってるかのような快適な乗り心地。
この車はオプションでエアサス&電子制御ダンパーが付いているのでダンパーの減衰力をComfort・Sports・Sports+と3段階に変えることができます。

私のCクーペも同じように変えることができ、高速はSportsにして走っているのでCLSも同じようにSportsにして走っていましたが、スポーティーな車が好きな人におすすめなのはSports+

特に路面のきれいな高速はSports+だと本当に路面にピタっと張り付いてるような乗り心地で、レーダークルコン&ステアリングアシストを使っていると車に乗っていることを忘れそうなくらいでした。




この車には本革シートには必須アイテムのシートベンチレーターが付いていたので早速使ってみました。





2年前にレクサスLCを試乗したとき初めてシートベンチレーターを使ってみて、ものすごい勢いで背中が涼しくなったのでそれを期待してたのですが、メルセデスのシートベンチレーターは、あれ?ほんとに作動してんの??と言った感じで思ってたのとは違いました。
ずっと作動させてると徐々に背中が涼しくなっていくのが分かりますが、私は汗っかきなのでメルセデスのシートベンチレーターはイマイチでしたね。
それでも無いよりはよっぽど良いと思います。

それともう一つこの車には憧れのBurmesterサラウンドシステムというハイエンドオーディオのオプションも付いています。
CクラスにはAMGにしか設定されていないので高嶺の花的な存在です。



オーディオ素人なので偉そうなこと言うとディスられそうなのであまり言いませんが、Cクラスのアドバンスド サウンドシステムと比べたらもちろんブルメスターの圧勝です。
ロードノイズや風切り音が静かなCLSなので余計にそう感じますね。
Cクラスも非ランフラットでプレミアムコンフォートタイヤのADVAN dBに履き替えれば変わるかな??ヨコハマタイヤ好きだし







そんな装備が充実しまくりのCLS 220dですが、なんでそこケチったの!と思う箇所もいくつかあります。

メルセデスにはエンジン停止から30分間エンジンの熱を車内に取り込んで暖める機能が付いているのですが、このCLSにはなぜかありませんでした。
長野県の冬はこれがマストアイテムなのになんで無いの!!!
エンジンかけっぱなしにするのはあまり好きじゃないのでこの機能は重宝しているのですが、年次改良やマイチェンで付くことを期待します。


メルセデスにはAクラスからSクラスまでイルミ付スカッフプレートが標準装備になっています。


(写真はCクラス)

ですが、CLS 220dのスカッフプレートはイルミが付かない!!
イルミは要らんだろって人もいるかと思いますが、私はこれがすごく好きで夜仕事が終わって車に乗り込むと、おかえり!って車が出迎えてくれる感じがするので所有欲を満たしてくれるんですよね。
ちなみに450はイルミ付きになるみたいです(謎)


そして3つ目は



サンルーフが小さい!!
メルセデスのサンルーフはガラスの面積が広く、とても開放感があるのですが、CLSはなぜか小さくなってしまってます。
しかもシェードは開ける際は自動ですが、閉める際は手動なのも謎
ただ、小さい分インナースライド式になるため、サンルーフを開けたときはアウタースライド式の他モデルよりは風切り音は静かです。
それでも個人的にはアウタースライド式でもガラス面積が大きい方が良いと思います。






そんなことを思いながらこの日は約600kmを走りましたが、燃費はなんと17.2km/L
ターンパイクも走り、沼津で軽く渋滞もしていたのにこの燃費は驚異的すぎませんかね。

その数日後は1泊で北陸にも旅行をしましたが、CLS 220dが持つGTカーとしての性能を余すことなく満喫できました。




驚くほど快適で驚くほど燃費も良くて、大きくても意外と運転のしやすいCLS 220d Sportsは、見た目重視のモデルでも中身はしっっっっかりとメルセデスの味が凝縮された車。
この車に乗れば疲れ知らずでどこへでも行けそうな気がしたそんな車でした。

900万円のCLSは20代の普通の会社員にはなかなか手の届かない価格です。
けれど、自分の視野を広げるためにも一回乗ってみると良いかもしれません。
1~2年後には認定中古車が600万くらいで買えるかもしれないのでそれを狙うのもすごくアリだと思いました。







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

まだまだつたない文章ですが、誰かの役に立てるようなブログを目指します!

次回は明後日20時公開ですので良かったらまた見てください!!



魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話 内装編!







このブログを書いているのは5/31の金曜日。
今日は意地でも定時で上がったので、Cクラスの内装インプレッションに必要な写真はなんとか撮ることができたので安心して記事が書けそうです。


ん?もう5月が終わって6月??早すぎないッスか???まあいっか










今日はGWにシェアカー・プラスで借りたメルセデス・ベンツCLS 220d Sportsインプレッションの続き!
内装編です。

※GWはまさかブログを始めるなんて思ってなかったので写真は少ないですすみません



前回の記事はこちら
魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話


一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!







CLSはメルセデスの中でも特にデザインに振り切った特別な車。
そんなCLSの内装に特別感はあるのでしょうか。



それではCLSの内装を見てみましょう。




はい!
これ1枚しかありませんごめんなさい!!





いや、でもさ、何よこの色気は、、、

ヨットをイメージしたというインテリアのデザインは常識を覆すほど質感が高くてエクステリア同様色気の塊ですね。
本当に車の中かよって言いたくなるくらいです。


CLSはオプションでエクスクルーシブパッケージ(587,000円)を選択すると内装色が5種類選択できます。
・ブラック/ブラック
・ベンガルレッド/ブラック
・マグマグレー/エスプレッソブラック
・マサラブラウン/エスプレッソブラウン
・マキアートベージュ/マグマグレー
(下の写真)


参照https://s.spyder7.com






まず12.3インチの液晶ディスプレイを綺麗につなぎ合わせたメーターとセンターディスプレイ。
あの写真だと分かりづらいので別の写真を載せますね。



このような感じで大画面の液晶が並ぶコックピットは近未来感溢れる造りになっています。
株とかのデイトレーダーがパソコンを2台並べてトレードしてる映像や写真を目にすることがありますが、なんだかそれに近いような雰囲気ありますね(笑)

デジタルメーターのデザインはメルセデスの他モデル同様に3パターンから選択が可能です。

・クラシック


参照http://www.webcg.net

「クラシック」はオーソドックスなアナログメーター風なデザイン。
いきなり辛口ですが、クラシックだと奥行き感がなく、ただ液晶ディスプレイを置いただけのように見えてしまうのであまり質感が良いとは思えません。
CクラスやAクラスのメーターは同じクラシックでも青を基調としたデザインで、個人的にはそっちの方が質感は高いと思います。
SクラスやGクラス、CLSなどのハイエンドモデルよりCやAのエントリーモデルモデルの方が質感高いというのも不思議ですね。




そして次は
・スポーティー


参照http://autoc-one.jp


「スポーティー」はその名の通り。
CLSの写真が見つからなかったのでEクラスの写真を載せましたが、99%同じです。
数字の部分が黄色くなり、メーターの針は赤くなるというやる気満々の仕様。
ちなみにメーターのデザインをスポーティーに変えてもエンジンのレスポンスが変わったりダンパーの減衰力が変わったりましません。
それとは別でダイナミックセレクトというドライブモードの切り替えスイッチがあります。


最後は
・プログレッシブ





「プログレッシブ」は一眼になることにより、左右両サイドに燃費情報やオーディオ、ナビ等の情報を配置できるので一番情報量が多く、CLSを借りた1週間はずっとこのデザインにしていました。



この3種類のデザインの中では一番質感も高く感じ、デジタルメーターの先進性も一番感じられるかなと思います。

そして、ナビ画面が12.3インチもあるので、地図が見やすいのはもちろんのこと、フロントカメラをONにしているときも大画面なので見やすく安心して運転ができます。
一度この大きさに慣れてしまうとCクラスのセンターディスプレイじゃ物足りなくなるほど。
それでもCクラスのセンターディスプレイは10.25インチに大型化されたんですけどね。







メーターの次はセンターコンソールを見てみましょう。




相変わらずセンターコンソールも質感高い!!

そしてCクラス、EクラスとSクラスとはスイッチの種類や配置はほぼほぼ同じなのでそれらの車から乗換えてもすぐに適応できるのはありがたいですね。

CLSのセンターコンソールやドアトリムにはグレーアッシュウッドという本物の一枚板を使っているのです!!
よーく見てみると真ん中のメッキで囲われてる部分、あそこはドリンクホルダーになっているのですが、周りと木目がぴったり合っていますよね。
木目調ではなく本物の木なので、触ってみると少しザラザラとした手触りでこの木目もCLSの色気をより一層引き立てていると思います。
センターコンソールの両脇にもしっかりステッチが入っていてやはりCクラスよりも上質な空間ですね。

この車はディーラーの試乗車なので、禁煙にご協力くださいというテープが貼ってあったのですが、フォトショップでテープの部分を消しても木目が繋がっていて違和感ない(笑)






お次はここをピックアップ。




ねえなにこれ!!!
エッッッッッロ!!!


CLSの内装の中でも個人的に一大トピックだと思うのが、エアコンの吹き出し口。

まず形がすごいですよねこれ。
ずっと見てると少し恐怖すら感じそうなこのデザインはジェットエンジンをモチーフにしたそうです。
ちなみにエアコン吹き出し口の真ん中のツマミを時計回りに回すと風をオフにできます。
その辺に関しては直感的で分かりやすいですね。
けどツマミの方向が全部揃ってないとかっこよく見えないので一つだけ変な方向向いてたりするのが許せない人(自分のこと)

しかもアンビエントライトまで入れてあるので夜の雰囲気はとても妖しくて、グレーアッシュウッドの木目の色気と相まって、個人的にはメルセデスの内装の中でもこれが一番好きです。
質感だけでなく色気も両立させている車ってなかなか無いので、やはりメルセデスに高級車を造らせたらクオリティがすごいと改めて感じましたね。







アンビエントライトは64色から選択が可能です。
でもほぼ同じ色がいくつかあるので、実際は58色くらいなのですがそれでも選びきれないくらいの多さですね。
そしてマルチカラーといって2色の組み合わせが10種類くらいあり、しかもアニメーション機能も付いてて、じんわりと色が変わってく様子も見れます。
ちなみに私は濃い緑と黄緑の組み合わせがお気に入りでした。
緑は大好きです。
だって松本山雅サポだもの。

一歩間違えると下品な装備になってしまいがちですが、そこを上質にまとめているのもすごいです。



アンビエントライトは雰囲気のための装備だと感じてる人も多いかと思います。
私もその一人でしたが4月に東京へ遊びに行った際、帰りに深夜の中央道を走ってて、眠くなってきてきたけどまだPAまで距離あるしな~ってなっていたときに、アンビエントの色を薄ピンク(桜の時期だったからね)から真っ青に変えました。
そうしたら足元が一気に青い光でいっぱいに充満して、そこで一気に目が覚めてその後も安全に運転ができました。

こういった装備も元を辿れば「安全」のためでもあるんですね。
Cクラスなのでアンビエントライトはド派手ではありません。
それでも効果があったのでCLSならもっと目が覚めるでしょうね。




ということCLSの内装編でした!
確かに質感と色気はものすごいです。
内装にこだわりたい私はこのインテリアのためだけに買いたくなるほど好きです。

ただ、このCLSの内装はEクラスクーペと全く一緒なんですよね。
CLSはEクラスの派生なので分かるっちゃ分かりますけど、4ドアクーペという特別なジャンル、特殊な車であることを考えるともう少し特別感があれば良いのになと思います。
(例えばアナログ時計をAMGモデルでは御用達のIWCにするとか)
その辺に関しては数年後のマイナーチェンジに期待するようにします。

写真が無いので後席やトランクは紹介することができずすみません。






本当は実際に運転してみてのことも書こうと思ったのですが、思ったより長くなってしまったのでまた次回!!
CLS編は一回で終わらせるつもりでいたのに内容の濃さにこだわってたら無理でした(笑)





今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

まだまだつたない文章ですが、誰かの役に立てるようなブログを目指します!

次回は明後日20時公開ですので良かったらまた見てください!!



魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツ CLSを借りた話






本来はCクラスの内装編をお届けする予定でしたが、撮らなきゃいけない写真を撮り忘れていて、かといって適当にごまかすのは申し訳ないので、今日は予定を変更してGWに借りたCLSについて書きます!
(写真撮り終えたときは、おっしゃ完璧!って思ってるのに後からあそこの写真撮ってねえオーマイゴッドってなるまでがテンプレ)

今度からは撮らなきゃいけない写真をあらかじめメモっておくようにします(戒め)






はい!気を取り直して今日はメルセデスの異端児、CLSの話

一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!








そもそもなぜGWにCLSを借りたかというと

シェアカー・プラス



メルセデスやスマートの新車を買うと、初回車検までの3年間に3回最大1週間、メルセデスやスマートの新車を借りれるというプログラム。


例えば、普段はAクラスに乗ってる人が、特別な日に2シーターオープンのSLを借りてホテルでディナーなんてことも出来ちゃいます。
ただ、借りれる車は自分が新車を買ったディーラーで管理している車になるので、必ずしも希望通りの車を借りれるとは限りません。
ただ、「わ」ナンバーではないので、高級レストランや5つ星ホテルに行っても恥ずかしくならないのは嬉しいポイントですね。



それにこのような車を買ったあとの体験プログラムが充実していると次もメルセデスの新車を買いたい気持ちにさせてくれますね(やっぱりちょろい)


ディーラーでの試乗は長くても1時間程度なので、その車を隅々までは知ることは難しいですよね。
その点シェアカー・プラスは最大で1週間も借りれるので、もし買いたいと思ってる車があれば購入前にじっくり確認できるのでそういった使い方も出来ます。








CLSのグレード構成は
220d Sports 815万円(直4ディーゼルターボ)
450 4MATIC Sports 1059万円(直6ガソリンターボ+ISG)

そして、AMGは
53 4MATIC+ 1299万円(直6ガソリンターボ+ISG+電動スーパーチャージャー)

「ISG」はエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力16kW 、最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねています。この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電します。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現します。スターターが従来より高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上しました。
参照Newsroom Mercedes-Benz Japan



私はメルセデスの最新ディーゼルでロングドライブをしたかったので220d Sportsを借りました。



それではCLS 220d Sportsのエクステリアを見てみましょう。(GWはまだブログを始めるなんて思ってなかったので写真は少ないですごめんなさい)





まずCLSのボディサイズです

全長5000mm×全幅1895mm×全高1425mm
ホイールベースは2940mm

で!か!い!
全長5000mmってなんスカもう・・・
でも全長が長い分優雅で、全幅が広くて全高が低い分スポーティーな美しいデザインになるなら仕方ないですね。
CLSは何よりもデザイン優先の車なので、EクラスやSクラスにはない魅力が必要ですからそこは割り切りましょう。



そして、この車のオプションは
エクスクルーシブパッケージ(587,000円)
・ナッパレザーシート(5色から選択可)
・ヘッドアップディスプレイ
・Burmesterサラウンドシステム
・シートベンチレーター
・エアサス
そして、サンルーフ(159,000円)
合計で約900万円、フルオプションのCLSです。
メーカーオプションもあとはメタリックペイントしかないので最初から高級車としての装備は充実しています。
(23歳の若造が900万のCLSに乗ってても親の車だと思われそうだけど気にしたら負け)






フロント周りの特徴は逆スラントノーズとヘッドライト
この角度だと逆スラントノーズは分かりにくいですが、ヘッドライトは私のCクラスと全然違う新しいデザインです。
ちなみにAクラスもCLSと同じデザインテーマに沿って造られた車なので瓜二つ。
Aクラスの方が若干ヘッドライトが細いかな?と最近気づいたのですが、フロントマスクでCLSとAクラスの違いがあれば教えてください(笑)


(上の写真はAクラス)





このCLSはオグロメジロザメをモチーフにデザインされたとのこと。
確かにシャープなヘッドライトも逆スラントしたノーズも、
キャラクターラインを排除して線ではなく面で魅せるデザインはサメのように見えますね。


ちなみに下の写真は旧型のCLS



見比べるとデザインの違いが一目瞭然ですね。
私は現行型のデザインが好きです。
シャープなヘッドライトはまだ見慣れない感じもありますが、やっぱりシンプルだけど色気のあるサイドビューが本当に気に入ってます。
借りたのはイリジウムシルバーでしたが、ヒヤシンスレッドやシトリンブラウンだとザ・大人の車な雰囲気がものすごく漂いますね。





続いては後ろを見てみましょう


(クーペはやっぱりこの角度から撮るのがいっっっちばんかっこいい)

後ろ姿はかなり好みが分かれるんじゃないでしょうか。
私はCLSを借りるまではこの後ろ姿はあまり好きではありませんでしたが、数日経つと案外良いかもなと思えるようになってきました。
テールランプはメルセデスのクーペ共通の横長タイプ。

写真には写ってませんが、CLSはトランクのメルセデスのエンブレムの部分はもちろんバックカメラにもなっていますが、Cクーペと違ってエンブレムの部分を押すとトランクが開くようになっています!
しかも足をかざすとトランクが開く機能ももちろん付いています。





そして夜のCLS



CLSは夜がよく似合うな~


フロントグリルをよく見てみると上の方にカメラが付いています。
これは時速20km以下で使用でき、12.3インチのワイドディスプレイに映像が映し出されるので、狭い道では重宝しました。
自分のCクーペにはオプションですら付けれないのに、新型Aクラスは付けれるんだよな~羨ましいな~



タイヤサイズはフロントが245/40R19リアは275/35R19となっています。
スタッドレス&ホイールはめっっっっちゃ高そうですね。考えただけでも寒気がします。

ホイールのデザインは空力を意識してデザインされたホイール。
Cクラスの18インチはこのデザインです。
正直このホイールはあまり好きではないのでCクラスの19インチホイールはあのマルチスポークホイールで良かったなと心底思ってます。
でもこの空力ホイールは洗車がすごくしやすい!!








思ったよりも長くなったので今日はここまで。
次回はインテリア&ドライブフィール編をお届けします!
次回も写真少ないけどすみません!!




今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

まだまだつたない文章ですが、誰かの役に立てるようなブログを目指します!

次回は明後日20時公開ですので良かったらまた見てください!!


プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR