輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました③ 走り編







MAZDA3 ファストバック試乗インプレの3回目!

輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました① エクステリア編

輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました② インテリア編



今回はMAZDA3の走りやまとめです。

一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!










車に乗り込んでドラポジを合わせます。
先代CX-5からの第6世代商品群はものすごくドラポジにこだわっていました。
それは第7世代のMAZDA3も変わらずで、FFなのにボンネットを伸ばしてタイヤを前方に出すことにより、アクセルペダルを右寄りの正しい位置に置くことができ、自然と足を伸ばした位置にアクセルペダルとフットレストがあるという理想のペダル配置を実現させ、Cセグメントなのにコストのかかるオルガン式ペダルまでも採用しています。
しかもBセグのデミオも同じようにボンネットを伸ばしてタイヤを前に出したりオルガン式ペダルを採用したりと、おかしいですねやっぱり(褒め言葉)

(焦ってペダルの写真撮るの忘れたから拾い画ごめん)

参照https://car.watch.impress.co.jp/

ここ最近はペダル踏み間違えの悲惨な事故がかなり多いですよね。
色々原因はあると思いますが、個人的には吊り下げ式アクセルペダルも原因の一つかなと思っています。
吊り下げ式だと足をほとんど動かさずにブレーキペダルを踏めちゃいますよね。
オルガン式だとそうはいかず、ちゃんと足を動かさないとブレーキは踏みづらいのでオルガン式の方が踏み間違えは圧倒的に少ないのかなとも思います。
あくまで個人的な考えですけどね。


話は逸れましたが試乗へ出発です。
今回試乗したグレードはXD L Packageという1.8Lのディーゼルターボを積んだ上級グレード。
シグネチャースタイルというメーカー純正のエクステリアキットも装着されています。



マツダのディーゼルは静かで振動も少ない!と言われているのでMAZDA3の1.8Lディーゼルにも期待が膨らみます。

車に乗り込んだときはすでにエンジンが掛かっていたので、始動時の音や振動は確かめることはできませんでした。
アイドリング時の振動はほとんど無く、まるでガソリンエンジンのよう。
MAZDA3のパーキングブレーキは全グレード電子式なのでスイッチを押して走り出します。



ディーラーを右折してまず感じたのは、ステアリングが意外にもどっしりしてること。

先代のアクセラに試乗したときは少しだけ軽めかな?と感じてたステアリングフィールもMAZDA3ではどっしりとしていて、ドイツ車(特にメルセデスとVWとAudi)に乗り慣れた人なら、いつもの感じだわ~ってなるはず。
ディーゼルの影響もあるのかと思いますが、しっかりと路面を掴んでいる感じがするので運転しやすいです。


そして気になるエンジン音は意外と聞こえます。
うるさくはないですが、評判の良いマツダのディーゼルを
イメージしてたのでいここは意外でした。


ですが、今回のMAZDA3は徹底的にノイズを減らすように造られています。



参照https://car.watch.impress.co.jp

・ピラーの内側にも余計なプレスラインを入れない
・ワイパーは運転席から見えない位置に隠す
・フロアマットも直線的な形状にしてノイズを抑え込む


そこまでやるか?ってくらい徹底しているので、ロードノイズはものすごく静かでした。
ウインドノイズについては、試乗コースが街中だったので分かりませんでした。
正直私のCクーペの方がロードノイズはうるさいです。まじで。
なのでエンジン音が意外にも聞こえるのはロードノイズがものすごく静かだから逆にエンジン音が目立ってしまうんですね。

街中の試乗だったので、ディーゼルの加速は試すことができませんでした。
エンジンスペックは116ps/4000rpm,27.5kgf·m/1600-2600rpm
27.5kgの最大トルクを1600回転から発生させるので街中を走ってる分にはアクセルを踏み込むことも無く楽ちんでした。
ただ、車重が1410kgあるので高速の合流などでのパンチのある加速は望めないかもしれません。

先代アクセラにはトップグレードで2.2Lのディーゼルがあったのですが、MAZDA3では10月に出るSKYACTIV-Xのエンジンがその代わりになるんでしょうね。




MAZDA3の試乗中、なんかやけに快適なんだよな~と感じてましたが、それはシートでした。

人間って歩くとき、歩くという行為に関しては無意識に行っていますよね。
片足が上がっていてもバランスを崩すことなく前へと進むことができますが、これは骨盤が動いてバランスを取っているから。

こうした人間が持つ天然のバランス保持能力を最大限発揮できるよう、歩くときと同じように骨盤を立てた状態で座れるようにMAZDA3のシートは設計されました。
マツダは車を開発する際、人間工学や医学の勉強をよくしているそうです。

その骨盤を立てた状態で座れるシートは、ランバーサポートを使わずとも正しい姿勢で運転ができるので、初めて運転する車とは思えないほど運転がしやすかったです。

初めて運転する車って、車の挙動や特性を掴むのに時間がかかりますよね。
しかし、MAZDA3では短時間の試乗でも乗り慣れた車のように運転することができました。
シートはどれも同じかと思ってたら大違いなんですね、メルセデスもシートは良いと言われてますが、このMAZDA3のシートをCクーペに移植したいと思えるくらいフィットしたシートでした。

マツダの考える良い車とは、人間が歩くように自然に操れる車。

極端なことを言えば、運転していることを忘れる車。
人間の記憶って、印象に残るのは良い事より悪い事のほうが多いそうです。
今回の試乗を思い出しても記憶に強く残ったのは、エンジン音が意外と大きいこと。
乗り心地だけは思い出せなかったので良かったってことですね(笑)


そんなこんなでディーラーの周りをぐるっとして試乗は終了。











MAZDA3 ファストバック XD L Packageは動的質感も高かったです!!

特に静粛性はビビるレベルですごかったです。
Cクーペよりも静かですし、それがエントリーグレードでも同じ静粛性ですからね。
500万以上の車なら分かりますが、MAZDA3は218万円から買えちゃう車です。

マツダも価格を上げたいけれど、上げるとメルセデスやBMWやAudiのプレミアムブランドへ流れてしまうからなかなか価格を上げ辛いとマツダの藤原副社長が話をしてました。
ということは今はマツダ車の買いどきかもしれない??


のでマツダのホームページで見積もりシミュレーションをしてみました。
グレードは試乗したファストバック XD L PackageのFFです。




価格は3,543,326円!





メーカーオプションはフルで付けました。
注意したいのはBoseのオーディオを付けようと思っても、単体では選べなくて他のオプションと抱き合わせになってしまうこと。
マツダは昔からそうなのでもうちょっと融通がきくと嬉しいんですけどね。




そしてディーラーオプションです。
ここはスカッフプレートとフロアマットは削れば95,000円は安くできます。


354万は若者からすれば決して安くはありません。
けれど、色気あふれるエクステリアに高級車顔負けのインテリア、驚くほどの静粛性や自然と車を操れるようサポートしてくれるシート等、この車を知れば知るほど値段以上の価値を感じるのではないでしょうか。

もちろんエントリーグレードの15Sを選べば300万以下で買えますし、インテリアの質感も静粛性も上級グレードと変わりません。
私も正直欲しいです。もちろんメルセデスとの2台持ちでね。今はお金無いですけど夢は大きくね。
15S Touringの6MTにシグネチャースタイルのオプションを付ければそれだけで毎日ハッピーになれる自信があります。

若い世代にもMAZDA3のような日本の美意識を持った美しい車に乗ってもっと豊かな人生を送ってほしいです!!(自分も若い世代なんだけど)
MAZDA3欲しい!!

今回はじっくり観察等できなかったので、遠くへ旅行するときにレンタカーでMAZDA3を借りれる機会があったら、じっくり観察をしてまたブログにアップします。





今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!




輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました② インテリア編








前回はMAZDA3のエクステリア編をお届けしました。

輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました① エクステリア編



今回はMAZDA3のインテリア編!
色気の塊だったMAZDA3のエクステリアでしたが、インテリアはどうなんでしょうか。


一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!







※試乗させていただいたのはソウルレッドのXD L Packageでしたが、内装の写真の一部はポリメタルグレーの15S Touringになります。



今回試乗したグレードはXD L Packageという1.8LディーゼルターボのFFで、価格は2,919,000円とギリ300万を切っています。


早速ドアを開けてみます。



黒でまとめられたインテリアはシンプルでありながらも上質さをしっかりと感じられるインテリアになっています。
試乗させてもらったXD L Packageはなんと本革シート!
Cセグメントで本革シートは贅沢ですし(しかも300万)マツダの本気度が伝わってきます。

Aクラスに本革シートを付けると49万のオプションが必要なのでそれだけでも400万は超えてしまいますからね。
国産車と輸入車の違いがあるとはいえMAZDA3は価格設定を間違えてないか心配になるくらい。


ファストバックのXD L Packageのシートカラーはブラックの一色のみ。
Burgundy Selectionというグレードを選ぶと下の写真のようにスーパーおしゃれな赤レザーの内装になります。


出典https://s.response.jp

XD L Packageの+7万円で赤内装とCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)がついてきます。
先代アクセラはLパケにするとオフホワイトの内装も選べたので、セダンだけじゃなくてファストバックでも選べたらいいのにな~(白内装はいいぞおじさん)




フロント全景はこんな感じ。
ちなみにこれ、エントリーグレードの15S Touringの内装なんです。
エントリーグレードなのに無塗装ハードプラの剥き出しだったり安ぽっさはこれっぽっちもありません。
ぱっと見でXD Lパケと違うところはシートがファブリックの手動式なところくらい?



窓とドアミラーのスイッチ自体はグロスブラック塗装ではないですが、その周りはしっかりとグロスブラック塗装がされています。
200万円台の車だからそこまでしなくてもいいじゃん、、、
って心配になっちゃうくらい質感が高くてびっくりです。



MAZDA3 ファストバックの2.0Lガソリンと1.8LディーゼルにはオプションでBoseサウンドシステムを選択できます。
今回のMAZDA3はオーディオへのこだわりが尋常ではないくらいで、スピーカーの配置を一から見直して、まずスピーカーの配置を決めてからボディの設計を行ったとセールスの方は話していました。
なので、純正オーディオでもかなりの自信があるとのこと。

そしてスピーカーの周りもとことん質感高い!!
ヘアライン加工がされたアルミのパネル、少ししか写っていませんがドアハンドルのクロムメッキの光沢が高級感を上げてますね。
ドアロックのスイッチがその位置にあるのはメルセデスオーナーなら乗り換えても戸惑わないですね(笑)




MAZDA3のメーターには7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)が備わっています。







スピードメーターの部分が7インチの液晶になっていますね。
メーターのデザインもとてもシンプルなのでここでも引き算の美学を意識したのでしょうか。
情報量たっぷりドイツ車のデジタルメーターと違って必要最低限の情報しか出さないマツダのメーターは潔さも感じられます。

マツダではCX-5とCX-8、アテンザもこのメーターを採用しています。
2枚目の写真は液晶の部分もアナログに見えますし、メーターの質感はやっぱりアナログの方が高いですね。
でもデジタルメーターなら一部だけじゃなくて欧州車のように全部液晶画面にして欲しかった気もします。

センターディスプレイも7インチから8.8インチに拡大しましたが、それでも他の国産車や輸入車と比べると小さいので、センターディスプレイを意地でも大きくしないなら、メーターをフル液晶にして地図を大きく表示できても良いんじゃないのかな?なんて思いました。

私はマツダオタクなのでマツダ関連の記事をよく読んでいるのですが、車造りに対する強すぎるこだわりがユーザーにとっては逆にここどうなの??って思わせる所があるんですよね。




そしてステアリングの右下にはスイッチ類



一番右は360°ビューモニターのスイッチ(だと思います)、その左はフロントカメラ(だと思います)
そうなんです、MAZDA3はCクラスにすら付いていないフロントカメラと360°ビューモニターが付いているんです(涙目)
600万オーバーの車には付いてなくて200万円台の車にはあるってなんスカもう(涙目)



画質も十分きれいでメルセデスの画質に結構近いです。
最近360°ビューモニターが付いた車が多い印象ですが、これって使いやすいですか?
私はまだこの機能は使ったことがなく、逆に駐車するのが難しそうに見えちゃうのですが慣れるもんですかね?



助手席方向を見てみると



※エントリーグレードの15S Touringです。
グロスブラックのパネルにクロムメッキの加飾が入ったシフトレバー、各種スイッチも整理されていてとても見やすいです。
細かいこと言うと個人的にはスイッチ類のフォントがお気に入り。


そしてMAZDA3の一大トピック!!
電気式パーキングブレーキ&ブレーキホールドの採用!!


先代アクセラは大幅改良(マイチェン的なやつ)で2.2Lのディーゼルのみ電気式パーキングブレーキ&ブレーキホールドが採用されていましたが、MAZDA3ではついに全グレードで電気式パーキングブレーキ&ブレーキホールドが採用されました。
そのおかげでレーダークルコンが全車速追従式になりましたおめでとうございます。
レーダークルコンが完全停止まで出来るとほんとうにありがたみが増します。
渋滞時のストレスも疲れも大幅に軽減されるので私はもう全車速追従式クルコンの無い車には戻れません。



エアコンのスイッチもご覧の通り。
Dセグメントのアテンザではありませんよ、この車はCセグメントのMAZDA3です。

ちなみにSYNCはシンクロの略。
SYNCをONにするとエアコンの温度を運転席側と助手席側でまとめて調整するようになります。
ちなみに先代アクセラはDUALでした。
何が違うかというと、DUALはONにすると運転席側と助手席側で別々に温度調節が出来るになります。

高級車は運転席側と助手席側でエアコンの温度調節を別々に出来るのが当たり前なのでSYNCのスイッチがある。
と言うことは、DUALをやめてSYNCに変えたということはMAZDA3は欧州プレミアムブランドの車に本気で勝負をかけているとも言えますね。



MAZDA3すごいよまじで、Cクラスですらインパネからダッシュボードにかけてこんな立派なステッチ入ってないッスよ、、、






そして気になるリアシートの居住性です。
フロントシートは少し前に出てたので身長168cmの私は膝前に拳2個分入りました。
フロントシートを自分の身長に合わせると1.5個分くらいだと思います。
可もなく不可もなくな感じですが、デザインに目が行きがちで居住性は犠牲にしてるのかな~なんて思っていたので、意外と快適じゃんと思えました。
ただ、少し頭上はタイトなので身長が高い人はフロントシートに座りましょう。



ラゲッジルームの容量は358Lです。




1泊2日程度なら4人分の荷物とお土産も乗っかるのではないでしょうか。
MAZDA3はどこへ行っても絵になりそうな車なのでMAZDA3で旅行してみたいですね。
日本の美学で描かれた車なので日本の伝統的な街並みがよく似合いそうです。






MAZDA3のインテリアはエクステリア同様すごく質感が高かったです!
MAZDA3の方が世代が新しいので仕方ない部分もありますが、アテンザよりも質感高いんじゃないの?なんて思えるくらい。
それにエントリーグレードの15S Touringでもステッチやらクロムメッキの加飾やらで、エントリーとは一体??
そんなことを考えてしまうくらい驚きの連続でした。
装備面でもステアリングヒーターまで付いています。
ちなみにメルセデスは付いておりません!!
疑問に思う点もありますが、Aクラスとはかなり良い勝負になるはずです。





今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!



輸入車乗りも気になる!MAZDA3 ファストバック試乗してきました① エクステリア編









5月24日に発売されたMAZDA3の試乗をしてきました!




先代CX-5の発売(第6世代商品群)以降、輸入車オーナーがマツダ車に乗り換えることも多くなっています。
今回の新型MAZDA3からマツダ車は第7世代商品群へと世代交代をしました。

発売前から色々な話題が出ていたMAZDA3を気になってる輸入車オーナーも多いのではないでしょうか。
と言うことで、今回はMAZDA3のエクステリア編です!


一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!










今回試乗させて頂いたのは、甲信マツダ南松本店
新世代店舗の所謂黒マツダディーラーです。
ディーラーへ着くと、2台のMAZDA3 FASTBACKが出迎えてくれました。
先代アクセラまでは5ドアをアクセラスポーツと呼んでいましたが、今回からはファストバックと呼ぶようになりました。
確かにリアハッチの傾斜を見るとファストバックという名も納得できます。

そして、試乗したグレードはXD L Packageという1.8LディーゼルターボのFFで価格は2,919,000円とギリ300万を切っています。

◆MAZDA3 FASTBACKのボディサイズは
全長4460mm×全幅1795mm×全高1440mm
ホイールベースは2725mm
全長はCセグメントの中でも少し長めですが、あとは平均的なサイズですね。

エンジン横置きでありながらもノーズを長くして前輪を前に持ってくるのは先代アクセラ同様です。
こうすることにより、アクセルペダルを従来より右寄りの正しい位置に置くことができ、正しいドラポジを取ることができます。



試乗させてもらったソウルレッドのMAZDA3にはシグネチャースタイル(49万8000円/取り付け費込み)というメーカー純正のエクステリアキットが装着されています。

同キットは、「フロントアンダースカート+リアルーフスポイラー」、「サイドアンダースカート」、「リアアンダースカート」などのいわゆるエアロパーツ類と、BBS社製「鍛造アルミホイール」で構成されたもので、マツダ車のデザインに息づく“引き算の美学”の信念をシグネチャースタイルにも貫くと同時に、スポーティさや上質さをより際立たせているとのこと。


いや、本当にまじでMAZDA3かっこよすぎる!!
というか美しすぎる!!!


曇ってたのであまり綺麗に撮れなかったのとディーラーに行くといつも緊張してしまうので冷静になって写真を撮れないので申し訳ないです。
でも、ソウルレッドクリスタルメタリックのMAZDA3はどこからどう見ても美しいです。

ボディサイドにはアクセラにはあったキャラクターラインがMAZDA3では無くなっています。
第7世代商品群の第1段となるMAZDA3からは日本の美意識である引き算の美学に基づき、不要な要素を削ぎ落とし滑らかなボディの面で豊かさや生命感を表現しているとのこと。
光の当たり方や周りの明るさによってもかなり表情が変わりそうなので所有してみないと分からないMAZDA3の美しさがあるかも知れませんね。


参照MAZDA KAI CONCEPT

上の写真は2017年の東京モータショーで披露されたKAI CONCEPT
次期アクセラか?と噂されていましたが、見事にその通りでした。
最近のマツダはコンセプトカーから量産車へのデザインの再現度が高いですが、MAZDA3は特に再現度が高く感じます。
タイヤとドアハンドルとドアミラーくらいしか違うところ無いんじゃないの?
マツダでは魂動デザインの導入にあたり、欧米の自動車メーカーではデザイナーと差をつけていた生産現場の待遇待遇を同等レベルにまで引き上げたそうです。
MAZDA3のプロトタイプを生産現場に見せたとき、嫌な顔をしなかったというのもすごいですよね。




新色のポリメタルグレーメタリックはファストバック専用色。
個人的にはキャラクターラインはあまりない方が好みなのでMAZDA3の引き算の美学で描かれたデザインはものすごく好みです。
金無限おじさんになったら観賞用で1台欲しいと思えるくらいものすごく好きなデザインです!!

ちなみにCLS以降のメルセデスも引き算の美学に基づいたデザインになっています。
キャラクターラインが無いと埋もれてしまいがちですが、この艶やかな曲面はMAZDA3の色気を際立たせてくれます。




続いてMAZDA3のフロント周り




あぁ、、、これまたお美しい
マツダ車はやっぱり赤が良くお似合いのようです。

そしてシグネチャースタイルのフロントアンダースカートがMAZDA3のフロントマスクを引き締めてる印象があってすごくかっこいいです!!

個人的にはナンバープレートの位置についてはもう見慣れて来ましたが、やっぱり日本のナンバープレートはMAZDA3の美しさを少し妨げてる感があります。
日本のダサいナンバープレートではなく欧州の横長タイプだったら完璧だと思うんですけどね。まあ仕方ない。

フロントマスクも決して派手さはありませんが、見る回数を重ねていくごとに惹き込まれる魅力があるように感じます。

ファストバックはシグネチャーウイングとフロントリップが黒くなっているので、スポーティーさもあって良いですね。
こんなイケメンとすれ違ったら絶対に目で追ってしまいます。



MAZDA3では全グレードでLEDヘッドライトが標準装備。
ウインカーも待望のLEDになり見栄えも安全性も向上しました。(流れるウインカーではない)
ただ、15Sと15S Touringではポジションは豆球になる謎仕様です。







お次はリアビュー



(ナンバー隠しのアプリ使うとオリジナルのサイズで保存できなくて画質が落ちるの誠に遺憾)

リアフェンダーのセクシーさは何なんスカもう、、、
ファストバックはナンバープレートの辺から下がブラックになるのも特徴の一つ。
ここもしっかりグロスブラック塗装がされていて質感は高いです。



そしてリアウインカーももちろんLEDです。
左側の丸い部分がウインカーになっていますが、せっかくのLEDなのでフロントウインカーのように細長い一直線のウインカーだとかっこよさも視認性も上がるのになと思いました。
右側の丸い部分は恐らくバックランプだと思います。
私が撮った写真だとテールランプが分かりづらいので他に写真を貼っておきます。






マフラーは左右に1本ずつ、ダミーではなくちゃんとした物が付いていました。
今は欧州車ですらマフラーはダミーで誤魔化しています。
そっちの方がスマートなのかは分かりませんが、個人的にはマフラーはダミーにはせずにしっかり見えるようにしてほしいです。
その点マツダはロードスターはもちろんデミオもアテンザもCX系もマフラーは出しているので好感が持てます。





MAZDA3のエクステリアはイメージしてた通り素晴らしかった!

画像で見てもうっとりする程の美しさは実車を前にしても変わりません。
そして、実車を前にしたら「色気のある塊」をコンセプトにデザインされたファストバックの妖艶さにどんどん惹き込まれていくはず。

私が車を選ぶ際、デザインはものすごく重視します。
毎日見て惚れ惚れするデザインであればその車は自分の人生や生活を豊かにしてくれますからね。
MAZDA3はこのデザインのために買いたい!と思わせてくれる魅力がありました。
日本のメーカーからこんなにも美しい車が出てきたこと、本当に嬉しいしすごいと思います。
それが200万円台から買えるんですからね。
MAZDA3を始め、こういった美しい車が増えてくれれば日本の景色ももっと美しく彩られるのかなと思いました。

MAZDA3欲しすぎるからいつかメルセデスとMAZDA3とNDロードスターの3台持ちが出来る日を夢見てこれからもブログ頑張ります!(宣言)(言っちゃった)

次回はMAZDA3のエクステリアに負けない質感を誇るインテリア編です!








今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!



プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR