魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話 ドライブフィール&装備編!








GWにシェアカー・プラスで借りたメルセデス・ベンツCLS 220d Sportsのインプレッション!
今日はドライブフィール&装備編です。


※GWはまさかブログを始めるなんて思ってなかったので写真は少ないですすみません



前回までの記事はこちら
魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話


魅惑のメルセデス メルセデス・ベンツCLSを借りた話 内装編!



車はやっぱり走らせないと何も分からないですよね。
CLSのドライブフィールはメルセデスの名に相応しいのでしょうか。


一括査定の見積もりや広告をクリックして頂くと、私がブログを続ける活力にもつながります!!


















私が借りたCLSは220d Sportsという2L直4ディーゼルターボを積んだグレード。
CLSは各パワートレインに一つのグレードしかありません。
その分、220dはナッパレザーのシートやエアサス等が付くエクスクルーシブパッケージ(587,000円)を選択できます。

CLS 220d Sportsのボディサイズは
全長5000mm×全幅1895mm×全高1425mm
ホイールベースは2940mmです。





ディーラーを出て走り出すと、全長5mオーバー、車重が1840kgもあるのに車が軽く感じました。
Mercedes me TokyoでCLS450を試乗したときはここまで軽さを感じなかったので、やはりディーゼルとは言え4気筒の軽さはありますね。
ステアリングも低速域は片手で回せる程軽いのでその影響もあるのかもしれません。


(上の写真はCLS450)


そして気になるディーゼルエンジンのスペックは
最高出力194ps/3800rpm
最大トルク40.8kg・m/1600~2800rpm

トルクバンドが1600~2800回転の割と広めなのも実用的で良いですね。
JC08モード燃費は18.6km/Lです。


ディーラーから出てすぐは狭い道が続くので低速で走らなければいけないのですが、とにかくエンジンが静かで振動も無い!!
本当にディーゼルなのかと疑うくらい静かで、前愛車であるCLA180(ガソリンエンジン横置き)よりも振動が少ないくらいです。本当に。
さすがにアイドリングストップからの復帰時は少し振動も感じましたが、それくらいしか振動を感じる場面は無かったです。


広い道に出て時速50キロくらいまで加速をしてみてもエンジンの静かさは相変わらずです。
ただ、1500回転付近での音質はディーゼルらしいかなと思いました。
しかし、ディーゼルらしい音質と言ってもガラガラ音ではなく重厚な音質なので、音だけでディーゼルだと気付く人も少ないと思います。

そしてこの車には9速のトルコンATが搭載されているため、シフトショックも少なくよりディーゼルのネガな部分を消すことが出来ていますね。

空いてる道を巡航していると平均燃費がどんどん伸びていくので見ていてすごく気持ちが良かったです。








CLSと過ごす2日目は箱根と静岡へドライブへ行きました。


中央道~圏央道~小田原厚木道路とこの車が本領発揮する高速ドライブです。
インターから本線へ加速をすると、背中がシートに押し付けられるとまではいきませんが(大人3人乗車だったので)あっという間に制限速度に到達。
速さを求めるのであればやはり450かAMGの53が向いてますね。

高速で驚いたのが、ロードノイズと風切り音がとにかく静かであること。

CLA→Cクラスと2台メルセデスに乗っていますが、意外とロードノイズは聞こえるんですよね。
メルセデスだからロードノイズはめちゃくちゃ静かなんだろうな~と思っていたら意外と聞こえてびっくりしたことがあります。
ロードノイズに関してはCLSは非ランフラットタイヤでCLAとCクーペの19インチはランフラットタイヤなのでその影響もあると思いますが、エンジンも静かであることを考えればCLSの遮音は相当頑張っているはずです。

高速ではメルセデスお馴染みの運転支援システムをフル活用しましたが、ディーゼルの豊かなトルクは中間加速時もシフトダウンせずにグイグイ加速をするのでレーダークルコンとの相性がとても良く、勾配の多い中央道も快適にドライブできました。

メルセデス自慢の9ATはCクラスだと時速100キロで9速に入りますが、この車は時速100キロでも8速でした。
新東名の時速120キロ区間では9速だったので9速に入ることは少ないですね。

気になる乗り心地もボディが大きく重い分有利になるため路面が良いとは言えない中央道でもまるで新東名を走ってるかのような快適な乗り心地。
この車はオプションでエアサス&電子制御ダンパーが付いているのでダンパーの減衰力をComfort・Sports・Sports+と3段階に変えることができます。

私のCクーペも同じように変えることができ、高速はSportsにして走っているのでCLSも同じようにSportsにして走っていましたが、スポーティーな車が好きな人におすすめなのはSports+

特に路面のきれいな高速はSports+だと本当に路面にピタっと張り付いてるような乗り心地で、レーダークルコン&ステアリングアシストを使っていると車に乗っていることを忘れそうなくらいでした。




この車には本革シートには必須アイテムのシートベンチレーターが付いていたので早速使ってみました。





2年前にレクサスLCを試乗したとき初めてシートベンチレーターを使ってみて、ものすごい勢いで背中が涼しくなったのでそれを期待してたのですが、メルセデスのシートベンチレーターは、あれ?ほんとに作動してんの??と言った感じで思ってたのとは違いました。
ずっと作動させてると徐々に背中が涼しくなっていくのが分かりますが、私は汗っかきなのでメルセデスのシートベンチレーターはイマイチでしたね。
それでも無いよりはよっぽど良いと思います。

それともう一つこの車には憧れのBurmesterサラウンドシステムというハイエンドオーディオのオプションも付いています。
CクラスにはAMGにしか設定されていないので高嶺の花的な存在です。



オーディオ素人なので偉そうなこと言うとディスられそうなのであまり言いませんが、Cクラスのアドバンスド サウンドシステムと比べたらもちろんブルメスターの圧勝です。
ロードノイズや風切り音が静かなCLSなので余計にそう感じますね。
Cクラスも非ランフラットでプレミアムコンフォートタイヤのADVAN dBに履き替えれば変わるかな??ヨコハマタイヤ好きだし







そんな装備が充実しまくりのCLS 220dですが、なんでそこケチったの!と思う箇所もいくつかあります。

メルセデスにはエンジン停止から30分間エンジンの熱を車内に取り込んで暖める機能が付いているのですが、このCLSにはなぜかありませんでした。
長野県の冬はこれがマストアイテムなのになんで無いの!!!
エンジンかけっぱなしにするのはあまり好きじゃないのでこの機能は重宝しているのですが、年次改良やマイチェンで付くことを期待します。


メルセデスにはAクラスからSクラスまでイルミ付スカッフプレートが標準装備になっています。


(写真はCクラス)

ですが、CLS 220dのスカッフプレートはイルミが付かない!!
イルミは要らんだろって人もいるかと思いますが、私はこれがすごく好きで夜仕事が終わって車に乗り込むと、おかえり!って車が出迎えてくれる感じがするので所有欲を満たしてくれるんですよね。
ちなみに450はイルミ付きになるみたいです(謎)


そして3つ目は



サンルーフが小さい!!
メルセデスのサンルーフはガラスの面積が広く、とても開放感があるのですが、CLSはなぜか小さくなってしまってます。
しかもシェードは開ける際は自動ですが、閉める際は手動なのも謎
ただ、小さい分インナースライド式になるため、サンルーフを開けたときはアウタースライド式の他モデルよりは風切り音は静かです。
それでも個人的にはアウタースライド式でもガラス面積が大きい方が良いと思います。






そんなことを思いながらこの日は約600kmを走りましたが、燃費はなんと17.2km/L
ターンパイクも走り、沼津で軽く渋滞もしていたのにこの燃費は驚異的すぎませんかね。

その数日後は1泊で北陸にも旅行をしましたが、CLS 220dが持つGTカーとしての性能を余すことなく満喫できました。




驚くほど快適で驚くほど燃費も良くて、大きくても意外と運転のしやすいCLS 220d Sportsは、見た目重視のモデルでも中身はしっっっっかりとメルセデスの味が凝縮された車。
この車に乗れば疲れ知らずでどこへでも行けそうな気がしたそんな車でした。

900万円のCLSは20代の普通の会社員にはなかなか手の届かない価格です。
けれど、自分の視野を広げるためにも一回乗ってみると良いかもしれません。
1~2年後には認定中古車が600万くらいで買えるかもしれないのでそれを狙うのもすごくアリだと思いました。







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

まだまだつたない文章ですが、誰かの役に立てるようなブログを目指します!

次回は明後日20時公開ですので良かったらまた見てください!!



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR