スポンサーリンク

【V60オーナーにはどう映る?】BMW 3シリーズツーリング試乗レポート① エクステリア編!







欲張りだって良いじゃない


このツーリングがすべて叶えてくれる









2019年9月にモデルチェンジをした、新型3シリーズツーリングの試乗をしてきました。

V60オーナーとしては実用性に加えて、BMWとは切っても切り離せない走りについても気になることばかり。
そんな新型3シリツーリング、同じステーションワゴンのV60と比べてどうなのか、BMWらしさはあるのか、今回も細かくレポートしていきます!









◆3シリーズツーリングのグレードと価格




※グレード名は「ツーリング」の名が付きますが、ここでは省略します。


ガソリンエンジン
・320i SE(4,940,000円)
・320i (5,670,000円)
・320i M Sport(6,190,000円)
・330i M Sport(6,690,000円)
・M340i xDrive(10,050,000円)

320iは最高出力184PS/5000rpm、最大トルク300Nm/1350rpmを発生させ、330iは最高出力258PS/5000rpm、最大トルク400Nm/1550rpmを発生させる2Lターボ。

M340iは最高出力387PS/5800rpm、最大トルク500Nm/1800rpmを発生させるBMW秘伝の3L直6ターボ。
予算ガン無視していいならM340iが本当に欲しいです。サンタさんお願いします。


ディーゼルエンジン
・320d xDrive(6,140,000円)
・320d xDrive M Sport(6,666,000円)
今回の試乗車

2L4気筒のディーゼルエンジンは最高出力190PS/4000rpm最大トルク400Nm/1750~2500rpmを発生させます。
ディーゼルは四輪駆動のxDriveしかありません。

先代はFRモデルもあったのでいずれ出るかもしれませんが、330i Mスポと320d Mスポの値段が3万円しか変わらないので、個人的にはもんんのすごく悩みます。(買いたい)







◆まずはフロントマスクから





フロントマスクはセダンのG20と一緒ですね。

先代とはヘッドライトの形も大きく変わり、エッジの効いたライトの造形はより精悍さが感じられます。
さらにクールになった見た目が、よりBMWらしさがある言うか、多くの人が浮かべる「カッコイイBMW」のイメージにぴったりな気がします。

ドラバイト・グレーと名付けられたこのメタリックカラー。
ちょっと黒っぽさもある濃いめのグレーで、このカラーのG21が欧州の深い霧の中から現れたらすごく様になりそう。

この色はてっきりオプションカラーかと思っていたらなんと無償カラーでした。
BMW=アルピンホワイトや青色のイメージが強いけど、グレーも渋くて、良い大人の乗り物感が出てます。





ヘッドライトを覗いてみると、イノベーションパッケージ(245,000円)に付いてくるレーザーライトが見えます。
青のアクセントが入っているとレーザーライトの証拠かな?





ハイビームで走行中、時速70kmを超えるとハイビームに加えてレーザーライトも自動で点灯するんですって。
最大600m先まで照らせるので、真っ暗な夜の中央道でも走りを楽しめますし、結局は安全装備が充実してこその駆け抜ける歓びだよね、と最近は思うようになりました。っていういらん報告です。





最近のBMWは何かとキドニーグリルが話題。
新型3シリーズも先代のF30系に比べて確かに大きくはなりましたが、X7やコンセプトカーのインパクトが凄いので、これはそんなに大きくは見えなくなりました(笑)


それよりも、グリルを囲うクロムメッキのパーツのインパクトはでかい!

展示車だったので鏡のように綺麗なクロムメッキでしたが、オーナーになったらお手入れ大変だろうな~
お手入れ苦手マンの私がもし3シリーズを買ったら、ここはグロスブラックの物に替えます(笑)





ナンバープレートの下にはレーダーが。
先代もそこにあったので、オーナー的には分かりやすくて良いですね。





フロントバンパー下部にあるのは、デイライトではなくフォグランプ。

横長のライトだからずっとデイライトだと思ってたので、フォグだと知った瞬間びっくりが驚きすぎて腰抜かした。
けどよく考えればデイライトはヘッドライト内にありますよね。


◆3シリツーリングのボディサイズ





ボディサイズは、全長4,720mm×全幅1,825mm×全高1,470mm、ホイールベースは2,850mmとなっていて、先代よりも全長+75mm、全幅+25mm、全高+20mm、ホイールベース+40mmとなっています。

先代のようにドアハンドルを日本専用にして車幅を抑えるといったことはせず、グローバルで1,825mmの全幅となっていますが、全高以外ではV60の方が大きいのでG21は都会での取り回しもしやすく、田舎のワインディングでもサイズを持て余すことなく楽しめそうなボディですね。


ルーフの傾斜はそこまででもないですが、窓枠はBピラーを頂点に傾斜が始まるので、サイドから見たときは“ステーションワゴン”の名前が良い意味で似合わないほどにスポーティ。
窓に対してルーフはあまり傾斜していないから、室内空間は犠牲になっていないんだろうな。





V60もそうですが、ワゴンはこのアングルで撮りがち(笑)

ラゲッジルームの窓ガラス下辺が、Dピラーに向かって登っているのも新型3シリツーリングの特徴。
この車の一部を切り取ると、テールゲートの傾斜具合や窓自体も先代より小さくなったので、そういった意味でもステーションワゴンらしさを感じさせないデザインで、V70や850など昔のボルボとは正反対なのが興味深いところでもあります。





日本仕様のMスポーツはルーフレールもグロスブラック塗装になるんですね!
黒のルーフレールのおかげで全体的に引き締まって見えますし、良い意味での軽さも感じます。

けどグロスブラック塗装のウィンドウモールやルーフレールって、メッキのモールやルーフレールと比べると綺麗さは保ちやすいんですかね??





ホイールは通常18インチですが、この車はオプションでデビューパッケージ(392,000円)が付いているので19インチになります。

内側がブラック塗装のホイールは正義。
ブレーキダストの汚れがちょっとは目立ちにくいので(笑)

けどこのホイールはスポークも少なくて内側が見えやすいから結局目立つか~~~~~~~~
ホイールの洗車がしやすそうなのは救い。





ピント合わせたつもりなのに合ってなかったシリーズ第7弾。

Mスポお馴染みの、フロントフェンダー横に輝くMの証。
テールゲートじゃなくてタイヤの近くにあるのがまたいいね。





フロントタイヤは225/40R1993Yで、もちろんBMW承認マーク付きのランフラット。





リアは255/35R1996Yでした。

私が前に乗っていたCクーペの19インチも前後共に全く同じサイズでした。
PCDの値はよくわからないけど、BMWとメルセデスで同じならスタッドレスとホイールは流用できますね。ありがたや。



Pirelli (ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS 225/45R18 95Q XL 3599800


スタッドレスは225/45R18が一番近いサイズになります。

でもリアは3センチもタイヤが細くなるから、めっちゃ引っ込んでるように見えて、冬はまじで外に出るのが嫌になるレベルです(笑)(個人差があります)





タイヤ周りを見ていたら気になるところを発見。

リアフェンダーにあるツメのような部品、これはモデルチェンジをしても残ったままなんですね。
せーーーーっかくかっこいい車なのに、これがあるせいでかっこよさが削ぎ落とされると1033回思ってます。

これが無いとタイヤがちょっとはみ出しちゃうということですよね?
けど数ミリなら安全上問題無いと思うんですけどね、数ミリまでならOKとかにしてもいいんじゃないスカね。





真後ろからは撮れなかったので斜め後ろから。

本体価格600万オーバーの車なんだから、プライバシーガラスは標準装備にして欲しいですよね。

けど、スモークがかかったテールランプはちょっと悪そうな雰囲気もあって、トラバイトグレーのボディカラーとも相性抜群で本当にかっこいい。

リアバンパーはブラック塗装となっていますが、トラバイトグレーなら一体感もあってすごく引き締まって見えます。
最近の車は複雑なリアバンパーとかも多い中、Mスポでもシンプル且つかっこいいのでこのデザインは大好きです。





マフラーもちゃんとした物が左右に1個ずつありました。
BMWがダミーのマフラーなんてやってたら嫌だな~!!

あ、でもその奥に通気口のようなものが見えるけどそれはダミーだった(笑)



◆ライトチェック


はい!ごめんなさい周りが明るすぎてまともにライト撮れませんでした!!
展示車のライトを撮ってくれば良かったァ!!!
反省。





ということで上の写真を見てください。

G型ではヘッドライトも大きく変わりましたね。
それまでの丸みを帯びてたライト類は、デイライトも含めてカクカクした形になりましたが、ひと目でもBMWだと分かるライト。
変わらない安心があるからBMWはずっとプレミアムブランドでいられるんだとろうな。





テールランプも見え辛くてごめんなさい。

今までの2本ラインからL字型の1本ラインになったので、遠くからだとレクサスのISと区別が未だにつきません(笑)
個人的には先代後期型のLEDテールランプが好きだったので、マイチェンであれ復活しないかなとにわかに期待しています。





リアのウインカーももちろんLED。
確か流れるタイプではありませんでした。







◆新型3シリーズツーリングまとめ!





はい!ということで新型3シリーズツーリングのエクステリアを見てきましたが、全体から漂う走りへの期待感がビンビンにありましたね。

ツーリングということで、セダンよりもルーフは水平気味になり、スポーティさではセダンに劣りがちな印象もありました。
が、実際に見てみると、これはスポーツセダンの皮を被ったステーションワゴンだなと思いました。

………スポーツセダンの皮を被ったワゴンって滅茶苦茶意味分かんないッスね????
まあこのご時世、車のボディタイプなんて何でもありな時代だからそういうことです。



そして、3シリーズが凄いのは次からですよ。

CクラスとV60、質の高いインテリアが特徴的な2台の所有経験がある私も思わず惚れたインテリアについては次回から!








今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!








関連記事

コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム