スポンサーリンク

【V60オーナーにはどう映る?】BMW 3シリーズツーリング試乗レポート② インテリア質感編!








3シリーズツーリング試乗レポート第2弾!


内装で選びたくなるBMW










2019年9月にモデルチェンジをした、新型3シリーズツーリングの試乗をしてきました。

V60オーナーとしては実用性に加えて、BMWとは切っても切り離せない走りについても気になることばかり。
そんな新型3シリツーリング、同じステーションワゴンのV60と比べてどうなのか、BMWらしさはあるのか、今回も細かくレポートしていきます!








前回のエクステリア編はこちら
【V60オーナーにはどう映る?】BMW 3シリーズツーリング試乗レポート① エクステリア編!



今回はインテリアの質感とそれにまつわる装備にフォーカスを当てていきます。

BMWの内装は質感が~なんてものはもう過去の話。
メルセデスやボルボもうっかりしてられんぞ!!





◆3シリーズツーリングのラインアップ




※グレード名は「ツーリング」の名が付きますが、ここでは省略します。


ガソリンエンジン
・320i SE(4,940,000円)
・320i (5,670,000円)
・320i M Sport(6,190,000円)
・330i M Sport(6,690,000円)
・M340i xDrive(10,050,000円)

320iは最高出力184PS/5000rpm、最大トルク300Nm/1350rpmを発生させ、330iは最高出力258PS/5000rpm、最大トルク400Nm/1550rpmを発生させる2Lターボ。

M340iは最高出力387PS/5800rpm、最大トルク500Nm/1800rpmを発生させるBMW秘伝の3L直6ターボ。
予算ガン無視していいならM340iが本当に欲しいです。サンタさんお願いします。


ディーゼルエンジン
・320d xDrive(6,140,000円)
・320d xDrive M Sport(6,666,000円)
今回の試乗車

2L4気筒のディーゼルエンジンは最高出力190PS/4000rpm最大トルク400Nm/1750~2500rpmを発生させます。
ディーゼルは四輪駆動のxDriveしかありません。

先代はFRモデルもあったのでいずれ出るかもしれませんが、330i Mスポと320d Mスポの値段が3万円しか変わらないので、個人的にはもんんのすごく悩みます。(買いたい)







◆ドアトリムからチェック!





ホワイトバランスのせいか、ドアトリムの色がバニラアイスそっくりで、食欲が煽り運転してきそうです。
ちなみに私は、アイスクリームよりソフトクリーム派です。


この展示車は392,000円のデビューパッケージというオプションが付いているため、白レザーの内装となります。
BMWの、しかもMスポといえば黒と青を基調としたクールでスポーティなインテリアのイメージがあるので、白内装には良い意味での衝撃を受けましたし、明るい内装は大人4人の乗車でも窮屈さはそこまで感じなさそう。





ウィンドウスイッチの台座はさすがにレザーではなく、オイスターと呼ばれるカラーに塗装された樹脂パーツです。

樹脂パーツなので、間近で見ると「あ、うん……」って感じ(語彙力)ですがそこはV60も同じですし、明るい色に塗装されているので質感は全然悪くはないです。
ドアトリムについてはCクラスが違法レベルに質感が高いので、感覚がおかしくなりがちですが、新型3シリーズも十分質感は高いです。





後席のドアトリムだってご覧の通り。
さっきから新井さんの脳内はバニラアイスで侵食されまくってますが、必死に堪えて冷静にレポートしていきます。

インナードアハンドルの形が3シリーズのエクステリア、特にライトの形とも連動しているような気がして一体感がありますね。
運転席側にはドアロックスイッチがあった場所は、サテンメッキのパーツが置かれていて、白内装の中にもBMWらしいクールさを演出するのに一役買っていると個人的には思います。





フロントドアを開けてシートに座ろうとすると、Mスポ専用のスカッフプレートが。

イルミ付ではないっぽいですが、やっぱりプレミアムブランドの車には必須アイテムと言ってもいいくらい大事なパーツですね。
Mスポ以外はどうなるのか分かりませんが、これがあると車に乗り込むたび誇らしい気持ちでいられますし、インテリアの質感向上にだってなっていますもん。





シートも見るからに高級そうな、たっぷりとボリューム感のあるレザーシート。

特にサイドのサポートがすごすぎて「ザ・BMW」(語彙力の欠如2回目)という感想が出てきました。
見た目は美しいけれどそれだけじゃない、峠を攻めれば絶大な安心をくれるシートはBMWが与えてくれる「歓び」のひとつ。





シートはもちろんパワーシートで、スイッチはサテンメッキの加飾が施されています。





頭上を見てみると、このルームランプめっxyちっつxっっっちゃかっこよくないですかァ!!
リアルな感情を伝えたいので誤字はそのままです。いらんとか言わないでね悲しいから。

翼を授かっちゃった系のルームランプは見たことないですし、これ1つとっても走りへの期待感が感じられてすごく素敵です。





後席から見るとこんな感じ。

先代よりもメッキのパーツが増えているおかげで、ぱっと見でも質感はかなり上がったと実感できますし、かと言ってギラギラしすぎてないからかなり好印象です。





ステアリングホイールもMスポ専用のもの。

ボーイング機の操縦桿のようなステアリングホイールは個人的には大好きなデザインで、Mスポは見た目だけではなく、レザーの感触もものすごく気持ちがいいんですよね。
ただ、G20系は先代のF30系とレザーが違うようで、先代の方がもっと滑らかでしっとりとした感触でした。



◆なんじゃこりゃ~~!!





そして!3シリの質感で!一番感動しているのが!!
ステアリングホイールの中央部がレザーで覆われてるぅ~~~~


へ??この車1000万オーバーッスか???
メルセデスだってSクラスと新型GLS以外は樹脂のままですし、ボルボは90ファミリーだって樹脂なのに、3シリのMスポはヒエラルキーの意味を分かってないのでしょうか(褒め言葉)

4年くらい前、とあるBMWのセールスの方が「BMWは数字が大きくても小さくてもBMW」と言っていたのを思い出しました。
他ブランドのように、上のモデル=偉い、下のモデル=ちょっとケチってるというやり方ではなく、全てのモデルがBMW濃度100%だということ。


G型が登場した今は、走りだけじゃなく内装の質感についても、1シリでも全力でやるってことですね。
ちなみに次のシリーズで紹介するM135iはもちろん、118iのMスポでもステアリングホイール中央部はレザーで覆われてました。むしろやりすぎじゃねえの(笑)





インパネ周りもすごくスッキリしましたし、メッキの部分が増えて、3シリーズの内装の中でもここが一番変わったところだと思っています。

エアコンスイッチ類は中央部がサテンメッキの加飾が施されていて、見た目の向上だけじゃなくて、よく使うスイッチ類だから分かりやすいのすごく嬉しいですよね。
質感だけじゃなくて、機能も持ち合わせているところが昔からのドイツ車っぽいです。


エアコン風量調整のツマミとボリュームスイッチはV60のようにローレット加工がされていますし、写真では写っていなくてすみませんが、エアコンの温度表示のフォントもまた美しいんですよね。
ボルボとアウディのいいとこ取りなこの内装、ちょっと悔しいけど「BMWだから」って理由はもう通用しませんね。


怖いよ~怖いよ~
3シリの内装の質感どんだけ良くなってんの~~
もうこれ以上見たくないよ~~~




ヒエッ……(語彙力を完全に失う)(元からそんなに無いけど)

え、これメルセデスッスか!?!?
滑舌悪いマンだから「メルセデスッスか」って言いにくいけど特に「スッス」の部分。

メッキのアクセントが綺麗なグロスブラックのシフトレバー、iDriveのダイヤルは外周のローレット加工が本当にお美しい。





極めつけはこの本木目のパネルでござる!!


質感が高すぎて脳がパニクってしまい、語尾がタイムスリップしてしまいました。
通常はカーボン調のアルミパネルですが、オプションのデビューパッケージでこのパネルとなっています。

マットブラックの本木目パネル………



Cクラス!!







◆アンビエントライトはどう光る?


巷では「泣く子も黙る」と言われているアンビエントライト。
G21はどんな感じなのでしょうか。





3シリーズのアンビエントライトは確か6色から選べるようになっています。間違ってたらごめんなさい。

結構分かりやすい位置に組み込まれているので、明るい時間帯でもアンビエントライトが見えやすそうですし、夜は色によっては派手に見えます。





カラーバリエーションは写真の緑に加えて、白青赤オレンジもうひとつは紫だったかな?





インパネからダッシュボードにかけても。





3シリーズ=走りのイメージなので、アンビエントライトは赤やクールな青が似合いそうですが、この白内装には緑もよくお似合いで。

ただ、組み込まれてる場所的に、V60同様写真をかっこよく撮るのは難しいですね(笑)





V60のアンビエントライト(インテリアシアターライト)の写真も貼っておくので参考までに。





V60はかなり控えめなので、3シリーズの方がアンビエントライトの主張はありますね。
これについては完全に好みが分かれますが、個人的には3シリーズくらいの主張があった方が好きです。





Cクラスクーペはこんな感じ。

ワゴンだと、ドアトリムのウッドパネルの割合が増えるので、アンビエントライトはクーペよりも少し派手になります。





みなさんは3シリーズ、V60、Cクラスとどのアンビエントライトが一番好きですか?

私はやっぱりCクラスのが好きですね。
柔らかなカーブを描いていく間接照明は、Cクラスの美しさを一気に押し上げてますし、アンビエントライトを組み込んでる場所もツボ。









3シリーズツーリングインテリア質感編まとめ!





はい!ということで、新型3シリーズツーリングのインテリアの質感について見てきました。


数年前まで質感=メルセデス、走り=BMWだったのに、G21はメルセデスのお株を奪ってしまうくらいに質感が上がってて驚きの連続でした。

正直に言うと、先代までの3シリーズやBMWは、インパネのスイッチ類の多さや煩雑さのある内装があまり好きではありませんでした。
けど、モデルチェンジの神様レベルに生まれ変わったインテリアは、走りだけじゃなくて内装で選びたくなるくらいBMWはガラリと変わったんだな、とすごく思いました。


車を買うときは特にインテリアの質や配色を重視するマンですが、新しい3シリーズツーリングは普通に欲しいです。

V60にはないワゴンの使い方もできますしね。
どんな使い方かはまた次回で!!








今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!








関連記事

コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム