スポンサーリンク

温泉×絶景×卵かけご飯=圧倒的優勝 ほったらかし温泉









日本人で良かったァ~~!!


そう思える素敵オブザ素敵な温泉








当ブログでは「愛車での週末ドライブ」も大事にしているテーマのひとつ。


朝から圧倒的優勝をしてから一日のドライブをスタートさせてみては?







◆ほったらかし温泉について





詳細は最後に書きますが、ほったらかし温泉は山梨県山梨市にあり、笛吹川フルーツ公園のすぐ近く。

フルーツラインと呼ばれるワインディングはV60だと大きさを持て余してしまうので、ロードスターやアバルト595のような小さい車で走ったら最高に気持ちが良い道でした!
ただ、私が行った日は前日に雪が降ったため、路面は所々凍結していたのでまじで気を付けてください(笑)





私が到着したのは日の出の30分くらい前。
6時半ちょっと過ぎに着いたのですが、なんとすでに車が30台くらいいたことに驚き(笑)

奥の方は空いていたのですが、1月中旬でしかも道中雪道でこんなに人がいるってことは、春~秋にかけては満車に近いじゃないかな。
冬に来て正解でしたわァ~





ちなみに駐車場からは富士山をチラ見することができます。
良い感じの朝焼けが絶景への期待を膨らませてくれますね。





久しぶりの雪を踏みしめる音を楽しみながら歩いていくと券売機がありました。





入浴料は大人800円、子ども400円です。

中にも券売機はあったので、開場後に行く人はそっちで買っても大丈夫。





あまりにも富士山が綺麗だったのでまた写真を撮ってしまいました。
これぞジャパニーズマインドって感じなので、富士山はこれからも綺麗でいてください一生のお願いです。





カメラを見返してたらもう1枚富士山の写真がありました。
どんだけ撮るんだよって話だけど、やっぱりマウントフジはジャパニーズマインドなので撮らざるを得ない絶景ですわ。



◆いざ入浴!





ほったらかし温泉には「あっちの湯」「こっちの湯」の2種類があり、日の出を拝めることができるのはあっちの湯の方。





階段を下りて行くと受付&下駄箱があり、その奥に脱衣所があります。
そして脱衣所は駐車場以上に空きがなくてびっくり。


脱衣所から風呂へ行くには一瞬だけ外を通らなければいけません。
いくら暖冬とはいえ朝はさすがに氷点下なので、ヒートショックを起こしそうだったので気をつけましょう。




当たり前だけど風呂の写真は撮れないので、ほったらかし温泉ホームページから拝借しました。

日の出が拝めるあっちの湯からの眺めはこんな感じ!
露天風呂は2段になっていて、下の段の方が広かったです。

写真は一人しかいないけど、実際は露天風呂は大渋滞が起こってました。
朝の中央道上り線三鷹付近~高井戸辺りの渋滞並みに人がいっぱいいて、むしろ山ノ内町にある地獄谷野猿公苑の、温泉に浸かるスノーモンキーを見ているような感じでした(笑)





温泉自体は無色透明のアルカリ性単純温泉で、内湯も露天風呂もジャグジーや特殊な風呂はなく、まるで共同浴場のようなスパルタンっぷり。

高濃度炭酸泉があるところは秒で好きになってしまうマンの私的にはちょっと物足りない気もしましたが、ほったらかし温泉にはもっとでかいエンターテインメントがあるもんで。





そして7時ちょい過ぎ。
温泉に浸かりながら日の出を拝むという、これまたジャパニーズマインドの極み的なイベントを楽しむことができました。

日の出を見るだけでも十分良い1日のスタートが切れそうなのに、朝焼けに染まる綺麗な富士山まで見れちゃうし、なんならその瞬間は温泉に浸かっていられるとか幸せすぎて逆に罰当たりそう~~~~~
って心配になってしまうくらい絶景でした!!!


ちなみに私は内湯の曇ったガラス越しに眺めてたけどそれでも綺麗でした(笑)





露天風呂混んでるし寒いし、日の出前に出て外から拝んで写真も撮ろうと思っていたのに、内湯で絶景を眺めていたら大失敗。

露天風呂で朝日を拝み終えた人たちが、一斉に風呂から上がって脱衣所に向かっていくのです。
まるでペンギンの団体行動のようにぞろぞろ揃って来るもんだから、出るタイミングを完全に逃すことに(笑)

みんな考えることはおんなじだな~
渋滞覚悟で私も脱衣所に向かいましたが、まじで素っ裸の男しかいなくて(当たり前だけど)ちょっと気持ち悪かったです(笑)



(施設内はどこも綺麗な雪化粧だったな~)



◆優勝の時間





温泉と絶景を堪能してしまった時点でほぼ優勝は確定しているのに、もっと大差をつけて優勝したいだなんて人間は欲張りな生き物だナ~~!!
日本人は欲張りだナァ~~!!!





はい、ということで自分の欲に従って気付いたら注文していました。
卵かけご飯定食(600円)

ご飯と味噌汁、漬物という超シンプルな組み合わせだけどそれが超幸せなんだよね。
TKGにしてはちょっと高いような気もするけど、目の前に広がる甲府盆地と真っ白に染まった富士山の絶景、そして眩しいほどの朝日を浴びながら食べれるという、訳分からんくらいに最高な環境を考えれば納得。

しかも、どうやら米にかなりこだわってるらしく、スーパーによく売ってるような米の値段を遥かに上回る高級品だそう。


味噌汁の具は、椎茸やエノキにシメジといった地元産のきのこ、茄子と麩が入っていましたが、見事に私の苦手な食材しか入ってなかったのでかなりきつかったです。でももう立派な大人なのでちゃんと食べました。








いや、ほんとに卵かけご飯ってなんでこんなにもお美しいの!!
朝日がお茶碗に差し込んだ写真を撮りたかったけど、そうじゃなくても十分美しいので、3Dプリンタでこの卵かけご飯のオブジェクトを作って会社の机に置いておきたいです。


建前は風呂がメインだけれども、本音を言うとこの絶品卵かけご飯の方がメインでした(笑)
なんなら風呂入らずに飯だけ食って帰ろうかと思ってたくらい(笑)



◆まとめ!





はい!ということで手短ではありましたが、ほったらかし温泉の紹介をお届けしました。





ドライブと温泉って相性良すぎてビビり散らかすワァ(語彙力)って感じですし、ほったらかし温泉までのワインディング(フルーツライン)は勝手知ったる愛車で駆け抜けたくなる最高の道。





予想外の雪景色もとっても綺麗でした。
真冬の朝から素っ裸になるのは寒すぎて人間のやることじゃねえと思いましたが、春~秋はもっと混雑すると思うので行くなら冬が断然おすすめ!



この投稿をInstagramで見る

今日の朝活は温泉入るためだけに4時に起きてお出かけ🥺 雪は好きじゃないけど想像以上の雪景色の美しさに目を奪われて、富士山と日の出を拝める絶景温泉に癒やされて(露天風呂は人多すぎて山ノ内町の地獄谷野猿公苑のスノーモンキーみたいなカオスさだったwwwww) そして風呂上がりの卵かけご飯で文句無しの優勝🤦 . 朝起きたときは、なんでこんな時間から風呂入りに行くんだろってちょっとためらったけど、ウェイもいっぱいいておひとりさまにはキツかったけど、間違いなく行って良かった🙆 今週末もV60の性能を味わい尽くすドライブができてなにより🙆 V60を買ってから山梨が好きになったもんで、今年はアウェイの甲府戦行きたいね . #VOLVO#V60#mycar#my_eos_photo#snow#weekend#spa#onsen♨️#mtfuji#sunrise#superbview#carstagram#instacar#ボルボ#朝活#ほったらかし温泉#山梨#富士山#温泉#雪#アイスバーンで#滑った#卵かけご飯#優勝#볼보#온천#드라이브#카스타그램#계란밥#절경

新井優祐(@rdlstns_y)がシェアした投稿 -







そして今回は朝にフォーカスを当てましたが、夜は甲府盆地の夜景を露天風呂から眺めることができ、朝から晩まで山梨の景色を味わい尽くせる絶景スポットでした。

2回入浴料を払わなきゃいけなくなるけど、朝に日の出を拝んでから1日をスタートさせて、お出かけのシメは露天風呂から夜景を眺めるなんて遊び方も面白いんじゃないかな。





また、ほったらかし温泉のすぐ近くにある笛吹川フルーツ公園はライトアップもやってるそうなので、デートコースにもオヌヌメですよー(やけくそによる棒読み)





※甲府昭和インターを降りてほったらかし温泉に行く場合、三菱電機のナビ(メルセデスやボルボなど)は国道140号線を地図の下から上に行くようなルートを案内させます。
ピンを打った信号のちょい下は橋になっているので、私が行ったときはブラックアイスバーンになっていて、まじで滑りました。

しかも左折&直進レーンが左に枝分かれするタイプなので、それを知らなかったのでまじで危なかった。
帰りに通ったらジムニーが横転していたので、冬に行かれる方は本当に気を付けてください。







◆アクセス情報





ほったらかし温泉

営業時間:日の出1時間前~22時(最終受付21時)
入浴料:800円、0歳~小6は400円
定休日:無し
駐車場:いっぱい

住所:山梨県山梨市矢坪1669-18
電話番号:0553-23-1526












今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログがお出かけやドライブの参考になれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明日公開ですので良かったらまた見てください!!







関連記事

コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム