スポンサーリンク

【感性に響く】プジョー508試乗レポート① 美しいエクステリア編!




芸術の国フランスで生まれたライオン。

プジョーが目指す新しいセダンのカタチ。





今年の春フルモデルチェンジをしたプジョーのフラッグシップ、508の試乗レポート!

第1弾は、先代から大きく生まれ変わった個性溢れるエクステリア編!


※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!






その前にグレードと価格
・Allure(アリュール) 417万円
・GT Line 459万円
・GT 492万円


アリュールとGT Lineは1.6Lガソリンターボ、GTは2Lディーゼルターボの組み合わせで全てのエンジンに、アイシンAWの8ATを組み合わせています。

GT LineとGTの装備面での違いは、ホイールのデザインとシート生地、パワーシートのメモリー機能(運転席)が付くかどうか。
フルパッケージという65万円のオプションを選べば、GT LineもGTもナッパレザーシート(運転席メモリー付)やナイトビジョン等が付いて、ホイール以外の装備は全く同じになるので、1.6Lのガソリンか2Lのディーゼルかの違いだけなのでとっても解りやすく親切ですね。





まずはフロント周りからチェック!



508の顔はパッと見でのインパクトはかなり大きいと思う人、多いのではないでしょうか。

特にフロントバンパーまで伸びるデイライト兼スモールライト。国内外問わず、ヘッドライトのデザインはどれも凝った車が多い中、508は思わず目で追ってしまう特徴的なライトですね。

ちなみにこれは、ライオンの爪痕をモチーフにしてるそうです。プジョーはテールランプにもライオン関連の仕掛けがあって、そういう遊び心はプジョーというブランドを好きになるきっかけにもなるんじゃないかと思ってるので、個人的には大好きです。



上の写真は先代の508

どこかドイツ車っぽさも感じさせる、真面目な4ドアセダンから現行型は大変身をしました。

やっぱりドイツ車には手強いライバルがいっぱいだから、ドイツ車と同じことやってても駄目なんでしょうね。
ドイツ車には出せないフランス車の個性は羨ましさすら感じます。(前から508欲しいけどブログ書いてるとさらに欲しくなってくるぞ???)




フロントグリルをアップで!



グリル内のクロムメッキのパーツ・・・
どこかで見たことあるぞ・・・

メルセデスのダイヤモンドグリルに似てんなァァ!!!

今気付きました。まあ別にプジョー好きだし良いんだけどね。
フロントグリルの周りもクロムメッキ(?)で縁取りされてあって質感は高く、フラッグシップであることを感じさせてくれます。

誇らしげに立つライオンの上に、508のエンブレムがあるのも好き。フラッグシップだけの特別かと思ったら、次期208も同様にボンネットに車名のエンブレムがあるそうです。



508のボディサイズは
全長4750mm×全幅1860mm×全高1420mm
ホイールベースは2800mm

サイズからも分かりますが、508はフラッグシップと言えどもDセグの車なんですね。
プジョーに限らずフランス車はDセグが一番でかい車で、それ以上の車格の車は無いところが興味深いです。



※離れて撮ることができず、普通の写真ですみません。

プジョーは508のボディタイプを4ドアファストバックと名乗っているだけあって、サイドビュー、特にBピラーより後ろは惚れ惚れしちゃうくらい美しいです。
ルーフアンテナも無いのですっきりしてますね。

タイヤサイズは前後ともに235/45ZR18で、ミシュランのPILOT SPORT 4を履いていました。今どきの車で、しかもスポーツ系のグレードで45扁平なのは厚い方ですね。
やっぱりフランスの石畳でも不快な乗り心地にならないよう、少し厚いタイヤを履いてるのかな?
スタッドレスを17インチに落とすとなると235/50R17か215/55R17ですね。




そう!そして!ここポイント!!

なんと508はサッシュレスです!!!
あ~もう素晴らしい。
サッシュレス。なんて素敵な響きなんでしょう。
CLA→Cクーペとサッシュレスドアの車を乗り継いできた私的にはもう両手を広げて歓迎するレベルで嬉しいです。

華のある欧州車にはサッシュレスのドアがよくお似合いのようで。
フラッグシップでも冒険心というか、他ではやらないことをするプジョーのやり方は大好きです。








試乗車のボディカラーは、アルティメット・レッドという91,800円のオプションカラーでカタログの写真にも多く使われているので、アルティメット・レッドが508のイメージカラーになるのかな。

このボディカラーは本当に綺麗な赤色で、508が持つ生命感がより一層感じられる色でした。なんか508に恋しちゃいそうな色だなこれ。




リアドアとCピラーの間にはGTのロゴもさりげないアピール。
グロスブラックのウィンドウモールはアルティメット・レッドとも相性が良くて、美しいだけじゃなくアクセルを積極的に踏みたくなるスポーティさもありますね。



後ろ姿とライト類!


広角で近寄って撮ったからかなりお尻大きく見えちゃう(笑)

508は後ろ姿もめっちゃかっこいいじゃんよ!!!

テールランプもかなり特徴的で、左右を繋ぐ黒い部分(なんて言ったらいいのか分からん)が出す雰囲気はなんだかちょっと悪そうな空気も醸し出しそうな予感。
悪そうな雰囲気だけじゃなくワイド感も強調されていて本当にライオンのような迫力もあります。

営業の方も言ってましたが、508のリアビューはアメ車っぽさがありますね。



マフラーはダミーとかではなく、ちゃんとした物が左に2本出ています。カタログを見ていたら欧州仕様車では左右1本ずつの2本出しがあって、同じGTでも国によってマフラーの出し方が変わるってこと?



分かりづらくて申し訳ないですが、テールランプもライオンの爪痕をモチーフにしたデザインになっています。
他のプジョーもライオンの爪痕をモチーフにしたテールランプですが、508は左右それぞれ3つあるブロックの中に4本の線が光るようになっていて細かいですね。

508を知る前にトンネルや夜にこの車に追い越されたら、きっと一目惚れするでしょう。
インパクトもあるから視認性も良いですしプジョー最高だな??



リアのウインカーは流れるタイプでしたよ。
粒も細かくシームレスに流れていくので、3分くらい見てても飽きなさそう。それ以上だと精神的にキツいぞ。




フロントのウインカーはデイライトの部分が光ります。
縦長のウインカーはレクサスのLCよりも大きく、真っ暗な広い駐車場でもキーを取り出してロック解除すれば一瞬で508居場所が分かりそう。

最初は見慣れなかった縦長のライトも、試乗して記事を書いてる今ではすごく好きになりました。




ヘッドライトは全てLEDになっていて標準装備。
4~5年前のフランス車は、デイライトはLEDだけどヘッドライトはハロゲンなんてことが当たり前で、オプションでHIDにしなければいけなかったので、それを思うとフルLEDライトが標準装備だなんて感慨深いものがあります(笑)






プジョー508のエクステリアを見てきた感想!

508はエアロパーツや豪華な装飾が無くても、車そのものが美しく、まさに造形美って言葉がぴったりな車だなと感じました。
セダンが持つフォーマルさを活かしつつも、ボーダーレスなデザインは、プジョーが新たなフラッグシップ像を創り出そうとしているのかな。

そして特徴的なヘッドライト、縦長のデイライト兼ウインカーは最初は見慣れなかったけど、今となっては508の表情を作り出す大事な要素の一つと思えます。
豊かな表情を持つフランス車の顔つきは、オーナーに寄り添う大切なパートナーのよう。

ガレージに508がいたら毎日、いや毎秒わくわくしてるんだろうな~動かすのもったいないから観賞用で1台欲しいとか思っちゃうんだろうな~

ということで(?)次回は508のエクステリア編!プジョーのフラッグシップの質感はどんな感じなの!?




ということで、このブログを見てプジョー508が欲しくなった人、現在車の購入を検討している人はぜひとも下のリンクから一括査定してみることをおすすめします!!(おすすめします)

ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。
また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!

車の購入を検討してない人も愛車の現在の価値を確認してみるのも良いですね!







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!



コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム