【すべてを手に入れる】 フォルクスワーゲン アルテオン試乗レポート② インテリア前編! 質感はどんな感じ??







アルテオン試乗レポート第2弾!


フォルクスワーゲンのフラッグシップはどんな内装??









2017年秋にデビューした、フォルクスワーゲンのフラッグシップ、アルテオン。

友人のアルテオンに試乗させてもらいましたレポートです!!



※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!






前回の記事はこちら
【すべてを手に入れる】 フォルクスワーゲン アルテオン試乗レポート① エクステリア編!



アルテオンのグレードと価格

◆R-Line 4MOTION 549万円

◆R-Line 4MOTION Advance 599万円

◆Elegance 4MOTION 599万円



今回試乗させていただいたのは、R-Line 4MOTION Advanceというグレード。
549万円のR-Line 4MOTIONは受注生産なので、実質は2グレードでの展開です。


ということでアルテオンのインテリアをチェック!



ドアを開けるとアレがありません。
そう、アルテオンはサッシュレスのドアを採用しています。今気付いたけどこのブログはサッシュレスドアの車ばっかですね(笑)

ドアトリム全体は黒が基調となっていて、その中にあるシルバーのアクセントがスポーティで格好いいですね。
ドアトリム上部のシルバーの縁に囲まれたところはツイーターになるのかな?




ウィンドウスイッチ周りを拡大して見てみるとこんな感じ。
ツマミの右下にあるのはドアミラーヒーターで、雪が多い地域に住む人にとってはありがたい装備ですね。

もちろん全席ワンタッチ式のパワーウィンドウです。
素材もソフトパッドなどで、安っぽさは無く質実剛健のフォルクスワーゲンらしい造りにはなっていますが、せっかくのフラッグシップなのでメッキの加飾やステッチを入れたりと、もう少し特別感があれば満足度も上がるのかなと思いました。




シートはR-Lineのロゴが入った専用のもの。R-Line専用って響きが凄くいいですね。
この記事を書くにあたってアルテオンのカタログを見ているのですが、アルテオンR-Lineのシートはなんとナッパレザーとのこと。さすがフラッグシップ。

R-Lineのシートはスポーティなブラック一色ですが、ヘッドレストからショルダー部にかけて少し色が違うのと、カーボン調のデザインになっているのがさり気ないけど格好よくて素敵ですね。

シートにはステッチも入っているので質感はとても高く、ドイツ車らしくやや硬めのシートはボリュームたっぷりで、長時間座っても楽勝でいられそうな、ドイツ車のお手本のようなシートでした。




シート脇にはパワーシートのスイッチとメモリースイッチ、ランバーサポートのスイッチがあり、人の形っぽいスイッチはマッサージ機能となっていて、ランバーサポートがぐりぐり動きます。
508のマッサージ機能と比べるとかなり強めで少し痛かったけど私が腰痛マンだから余計にそう感じるのかもしれません(笑)

パワーシートやメモリースイッチの質感も、ウィンドウスイッチ周り同様にメッキの加飾とかがあれば良いのになというのが正直な感想です。
けどメルセデスのパワーシートスイッチと違って、普段は視界に入らない所にあるので、そこにはコストをかけずに他でコストをかけたのかもしれないですね。




アクセルとブレードペダルはアルミ調ペダルクラスターとのこと。

フォルクスワーゲングループの車はほぼ吊り下げ式のアクセルペダルに変わってしまいましたね。オルガン式の方が踏み間違えることも減ると思っていますし、個人的にはオルガン式の方が好きですがコストカットの波には逆らえられないんでしょうね。

それでもアルミ調の加飾があるので見た目は格好いいし質感も十分だなと思いました!




運転席に座ると目の前にはR-Line専用デザインのステアリングホイール。
ボトムにはR-Lineのエンブレムが入っていて、中央部はよく見ると六角形のデザインが内側から外側にかけて大きくなっていくのが間近で見ると迫力があり、アルテオンが持つ大人の格好良さにもよく合う気がしました。

個人的にはフォルクスワーゲンのR-Line以外のステアリングホイールはちょっとな~って感じですが、R-Lineのステアリングは格好よくて大好きです。以上です。

ステアリングスイッチは、左側はレーダークルコン関連で右側はインフォテイメント系とちゃんと分かれているのですぐ操作ができそうでいいですね。

もちろんパドルシフトは標準装備になっているので、DSGの持つ楽しさをフルで味わうことができそう。




ステアリング右下にはドイツ車にとってはお馴染みのライトスイッチ。
ここも至ってシンプルですが、オートにしとけば基本触れないし見ないのでシンプルで良いと思います。

けど、なんでドイツ車のライトスイッチはみんなこの場所なんでしょうかね。フランス車はレバーのところだったし教えてエロい人。




オーバーヘッドコンソールはこんな感じで各種スイッチが並びます。ど真ん中のスイッチはサンルーフのスイッチ。

アルテオンのサンルーフでいいなと思ったところが、開ける際サンシェードも自動で開きますが、手動でも動かすことができるので、サンルーフは開けといてシェードだけ閉めるということも出来ちゃうんです。
屋根開けたいけど日差しがきついしな~ってときにはもってこいな使い方ではないでしょうか!!

メルセデスはシェードも全自動でアルテオンのように融通があんま効かないのでちょっと羨ましい。




インパネ上部にはアナログ時計とその下にはパーキングアシストとハザードスイッチ。

ハザードスイッチが押しやすい場所にあるのは本当にすごくまじで重要ですし、アルテオンのハザードスイッチはブラインドタッチしやすく最高ですね。メルセデスさんも見習ってね。

そして、A4やA5にはアナログ時計は無いのにアルテオンにはある辺りさすがフラッグシップ。

アナログ時計付いてる車オーナーあるある言いますね。
・アナログ時計あってもメーターの時計ばっか見がち。
実際のところそうだと思います。私も時間を確認するためにアナログ時計を見ることないですし、運転席から見ると斜めになっちゃうから正確な時間分かんないし(笑)

けど、アルテオンのアナログ時計はパサートと全く同じ物なんですよね。
確かにパサートの派生かもしれないけど、Art+eon(フォルクスワーゲンのフラッグシップを表すアルファベット)という名前からも分かる通り、アルテオンは特別な車なのでアナログ時計もパサートとは違う物にして欲しかったななんて思います。

フォルクスワーゲンでアナログ時計が付いてる車も少ないので、1車種のために変えるのもコスト的に無理があるんでしょうけれど、特別感があった方が所有欲は満たされますし。




センターディスプレイは9.2インチのタッチスクリーンで、大きさもちょうどよくとても見やすいです。

フォルクスワーゲンの純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”が標準装備で、ナビやオーディオの他にDVD/CDプレイヤー、Apple Car PlayやAndroid Autoももちろん使えて標準装備はありがたや。

純正ナビの方がもちろん精度は高いですが、Google Mapは新しい道がすぐ反映されてたり何かと便利なので、純正ナビとApple Car Play等両方使えるのはユーザーにとってもありがたいこと。


【RUIYA】 VW フォルクスワーゲン アルテオン (2017) 9.2インチ カーナビ専用ガラスフィルム 液晶保護フィルム 保護シート 99%透過率 高透明度 硬度9H 自動吸着 気泡ゼロ 防指紋 防キズ 飛散防止





エアコンスイッチは使いやすいダイヤル式。
インパネの一番下にあるので目線を落とさなきゃいけませんが、慣れたら車内循環とかデフロスターのスイッチもブラインドタッチできそう。

アルテオンの温度設定は0.5℃単位で調整できるのがいいですね!ちなみにメルセデスは1℃単位の調整で、細かい調整ができないのでここも見習ってくださいメルセデスさん。




センターコンソールの真ん中にはシフトレバー。
台座はグロスブラック塗装、その周りはメッキの加飾に囲まれて文句なしの質感。

右奥にはエンジンスタートボタン、シフトレバー左側はアイドリングストップのオフスイッチと、ドライブモード切り替えのスイッチがあり、ドライブモード切り替えはそこのスイッチを押して、9.2インチのセンターディスプレイで選ぶってやり方で合ってますか?




アルテオンはもちろん電子式パーキングブレーキ。
おかげでレーダークルコンが全車速追従になってます。

パーキングブレーキのスイッチの先にメッキの加飾がされてあって、さり気ないけど質感高く見えるしクールですね!






次回はアルテオンのデジタルメーターや後席の居住性、ラゲッジスペースについてもお届けします。





ということで、このブログを見てアルテオンが欲しくなった人、現在車の購入を検討している人はぜひとも下のリンクから一括査定してみることをおすすめします!!(おすすめします)

ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。
また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!

車の購入を検討してない人も愛車の現在の価値を確認してみるのも良いですね!







今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!

次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR