メルセデスとBMW、永遠のライバル同士のちょっといい話









メルセデス・ベンツとBMW、誰もが知ってる世界を代表する自動車メーカー。
そんなライバル同士のメルセデスとBMW、ちょっといい話を見つけたので今日はその話。







メルセデスとBMWは日本でも大人気の自動車メーカーですよね。
メルセデスが新型車を出したら負けじとBMWも新型車を出し、BMWがX6でSUV×クーペの新ジャンルを開拓したかと思えばメルセデスもGLEクーペを出してきたり・・・
両想いかよってくらい意識し合ってる気がするのは自分だけでしょうか。



メルセデスといえば、質感の高さだったり質実剛健な造り
BMWといえば、何よりもスポーティーな車
そんなイメージが今までの定番でしたね。
しかし、10年くらい前からメルセデスはBMWのようにスポーティーさを押し出すようになり、BMWは今まで弱点だった内装の質感もびっくりするくらい上がりました。


出展:https://autoc-one.jp/




上の写真は今年1月に日本デビューをした新型3シリーズ(G20)のインテリア
新型3シリーズのステアリングホイールをよく見てみると・・・
真ん中の部分が革になってる!!しかもステッチも入ってる!!!

メルセデスでもSクラス(最低価格1138万)じゃないとそこは革巻き&ステッチ付きにならないのに500万円台の車でそこまでしちゃうってBMWさんもう敵無しじゃん完敗ですワァ・・・


ということで前置きが超長くなったけどそんなライバル同士のほっこりする話











昨日Twitterで見かけたこのツイート。
ライバルであるBMWからツェッチェ氏へ、長年の功績を讃えるメッセージを発信するなんてもう感動です。(このツイートはBMW AGのツイートをBMWジャパンが和訳してツイートしています)



2006年から13年間ダイムラーAGの取締役会長を務められたディーター・ツェッチェ氏が一昨日5月22日に退任されました。
従業員の人と写真を撮ったりたくさんの従業員に見送られながら帰路に就くツェッチェ氏は本当に愛されてますね。
こういった人が上司や経営者だったら今の会社も楽しいんだr(以下略)


そして次のシーン、ツェッチェ氏はとある車を運転しているのですが、ガレージにある黒いメルセデスが気になったので調べたらこれでした。










メルセデス・ベンツ タイプ220
1951年から1955年にかけて製造された車!!Sクラスのご先祖さま!!!
さすがダイムラーの元会長さん、、、
もうすごすぎて言葉が出ねえ、、、






また話が逸れましたが、心機一転ツェッチェ氏が乗り込んだ車はこれ!!!



BMW i8 ロードスター!!

BMWが動画を作ったのはこういうことだったんですね。



そして、そのツイートに対してのダイムラーAGのリプ



私達のボス(ツェッチェ氏)の定年後は、予想以上に本当にスポーツカーの世話になると推測します。
そして、称賛と競争をありがとう。

(頑張って和訳してみたけどこんな感じで合ってる?real horse powerがよく分かんなかったからスポーツカーって訳にしてみた)




ダイムラーAG一筋だったツェッチェ氏、これからはi8 ロードスターで第二の人生を楽しんでほしいですね。


一人のメルセデスオーナーとして、BMWが作成したこの動画を見てまたBMWにも興味が湧いてきたそんな日でした。





今日も最後までご覧頂きありがとうございました!

まだまだつたない文章ですが、誰かの役に立てるようなブログを目指します!

次回は明後日日曜日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
車の試乗をはじめ、気になるお金の話やCクラスでの旅行&ドライブの話、メンテナンスの話などオーナーになってみないと分からないことを発信していきます!

twitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR