スポンサーリンク

【今が買い時】メルセデス・ベンツGLAのここが○ ここが☓







GLA試乗レポートラスト!


Cクラスオーナーから見たGLAの良いところ、ダメなところ








※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!









◆GLAのラインアップについて


※税8% まだ税10%の価格が出ていないので、分かり次第10%の価格に直します。

税10%の価格に直しました。

・GLA 180 422万円
・GLA 220 4MATIC 476万円
←今回の試乗車
・GLA250 4MATIC 543万円(受注生産)
・AMG GLA45 4MATIC 839万円


AMGが839万で買えるなんて良い世の中だなァ!(なおオプションで900万を超える模様)


前回までのエクステリア編、インテリア編、ドライビング編はこちら

メルセデス・ベンツGLA記事一覧





GLAのここが○

・コンパクトなボディに本格的なオフローダーデザイン





SUVの中でもコンパクトと呼ばれる車たちは、単なるブームを通り越して、ハッチバックに代わるスタンダードになっていると言っても過言ではないくらい。

GLAも周りを見渡せばBMW X2や、Audi Q2、VOLVO XC40、国産車だとレクサスUX等、全部挙げきれないほどのライバルたちに囲まれていますが、エクステリアデザインに関しては、GLAの都会的な洗練と野性的なSUVらしさのバランスがすごく良いなと思っています。



感性は人それぞれなので、自分の考えを押し付けるつもりは一切ありませんが、先程挙げたライバルたちの中では発売時期が一番古いGLA、それでもエクステリアデザインの古さは感じません。


立体駐車場にも入る1505mmという、フィットやノートとほぼ変わらない全高を見ると、SUVどこ行った???って思わずなってしまいますが、パンチドグリルやアンダーガードをモチーフにしたフロントバンパーなど、実車を見ると納得するデザインは上手にできているなと。





それと、最近のメルセデスはSUVでもダイヤモンドグリルやF1マシンを彷彿とさせるフロントバンパーを装着した、AMGラインの設定が当たり前になっています。

素のGLEやGLCじゃ物足りないくらい、AMGラインに頼っている気がするメルセデス。

今回取り上げたGLAはAMGライン無しのモデルなのに、素直にかっこいい!と思えるほどでした。
フロントのフォグランプも、GLA以外ではGクラスにしかなく、この車が軟派なSUVじゃないということをGLCやGLE以上にアピールしているのかな。




GLAのここが○

・マイチェンで手に入れたメルセデスの乗り味





マイチェンでここまでできるなら最初からやってくれや!!
と思うのも無理はないけど、大人の世界は色々厳しいんだなァ~全てにおいて気が楽だった子供に戻りたいなァ~



今回貸していただいた220というグレード、これはマイチェンで新たに追加されたグレードで、前期型は180と250、そしてAMG45のグレード体制でした。


私はCLA180に乗っていたので、180の物足りなさはすごく分かっていましたし、かと言ってコンパクトSUVに250じゃ価格的にもなぁ…と思っていた人もいたはず。

220は最高出力184ps/5500rpm最大トルク30.6kgf•m/1200~4000rpmと、コンパクトなボディには少しオーバースペックかもしれないけど、実際運転してみると、低速から力強いトルクがゆとりを感じさせてくれます。メルセデスがエンジンぶん回して走るのってなんだか切ないですし、この車には220のエンジンがぴったりではないかと思いました。





そして乗り心地!


走行距離がまだ1000km弱のGLA、低速域ではまだコツコツ感があり、慣らしの最中であることを実感させられます。

けど!速度を上げていくごとに、路面が綺麗になったのかと錯覚するくらい、タイヤと路面がピッタリとくっついて粘っていく様は、正真正銘のメルセデス・ベンツ。
Aクラスファミリーの中ではタイヤが一番厚いGLA、今回は一般道のみでしたが、高速道路だともっとしなやかで良い乗り心地を魅せてくれるんだろうな。








GLAのここが☓

・ドリンクホルダーが小さい






ドリンクホルダーの写真撮らなきゃ!って意気込んでたのにすっかり忘れてたのごめんなさい(8回目)


GLAのドリンクホルダーは、センターコンソールに2つ並んでいるのですが、ペットボトル飲料の肥大化に対応できてない!!


先代Aクラスがドイツ本国でデビューしたのは2011年、その頃はまだ日本でも500mlのペットボトルがほとんどだった記憶なので、急な肥大化に対応できないのは仕方ないことですが、525mlだと出し入れがしづらく、600mlだと入れることが出来なかった記憶です。

スタバのドリンクだとトールが限界。





けど、センターコンソールには深くて広めの収納があるので、ペットボトル飲料やスタバのグランデ以上のサイズはこっちに置くようにしましょう。

そしたらドリンクホルダーにスマホ置くか!って甘く考えてはいけませんぞ。
スマホもどんどんでっかくなってってるので、GLAのドリンクホルダーには収まらないかもしれません。真ん中の仕切りを取れば広く使えるのですが、ちょっとしたカーブでもすぐスマホが倒れちゃうので、とりあえずオーマイゴッドって感じにならざるを得ません。


スマホの肥大化がもっと進むと、そのうち肩にかけて平野ノラみたいに「しもしも~??⤴⤴」ってやる時代が来るんでしょうね。
バブル時代を知らないからちょっと体感してみたいッス。



GLAのここが☓

・先進安全装備の物足りなさ



(それっぽい写真が無くてすみません)


GLAにオプション設定されているレーダーセーフティパッケージ。


Cクラスや新しい世代のFFファミリーは、車線変更時ステアリングアシストや、ACC作動時に高速道路上で停止した場合30秒間までは自動で再発進してくれる機能など、新型スカイラインやBMWにある手放し運転こそできませんが、ステアリングアシストの精度もかなり高く世界最高峰の運転支援システムだと思っています。

しかし、名前は同じでもGLAのは一世代古いため、車線変更時ステアリングアシストはもちろん、車線中央を維持するステアリングアシストも無く(車線逸脱警報はあります)歩行者検知もできないタイプになるんです。





BMW X2やAudi Q2などのライバルたちは、GLAのレーダーセーフティには無い機能もちゃんとあるのが羨ましいところ。

あと1~2年待てば、GLAで世界最高峰の運転支援システムを体感できますが、やっぱりメルセデスはマイチェン後のモデルをおすすめしたいので、そう考えるとX156のマイチェンでレーダーセーフティをアップデートして欲しかったです。


逆に私と同じ20代なら、運転支援システムそんないらんわ!って人も多いと思います。
事故を無くすといった意味では、歩行者検知が無いのは厳しいところがありますが、半自動運転がいらないのであればGLAは最高の車に思えます。

ちなみにメルセデスではCPAプラス呼んでいる、衝突回避または衝突被害軽減ブレーキは標準装備になっています。










はい!ということでGLAの良いところ、ダメだと思うところを挙げてきました。


ダメだと思うところはあれど、GLAはメルセデスデビューにはピッタリの車だと思いますし、特に20代の若い衆!!
若いうちから良い車、良いブランドに触れるということは、自分の人生を変えるチャンスになるかもしれません。

20代の若者がメルセデスに乗り始めて変わったこと
↑私のリアルガチな経験を書いた記事です↑





GLAとなら、好きなことがもっと好きになる。

自由になれる自分をこの車と過ごそう!








GLAを購入検討中の方必見!


メルセデスでは今、メーカーオプションが半額になるすんばらしいキャンペーンを展開中です。アンド1.9%低金利。

それにオリジナルアルミスーツケースまで頂けるんだからメルセデスさん太っ腹ァ~
そんなキャンペーンを記事にまとめたので、そちらもどうぞ!

メルセデス・ベンツの新車をお得に買えちゃうキャンペーン!








ということで、メルセデス・ベンツ GLAが気になってる人、現在車の購入を検討している人はぜひとも下のリンクから一括査定してみることをおすすめします!!(おすすめします)

ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。
また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!

車の購入を検討してない人も愛車の現在の価値を確認してみるのも良いですね!











今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!








コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム