スポンサーリンク

【唯一のプレミアム】XC90試乗レポート⑤ XC90のここが○、ここが☓










XC90試乗レポート第5弾!


ラストはいつもの○と☓









※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!






2019年8月にボルボのフラッグシップSUV、XC90がマイナーチェンジしました!

ドイツ車と似ているようで似ていない、ボルボにしかない魅力って何だ!!




◆XC90のラインアップ

ガソリンエンジン
・T5 AWD Momentum (8,137,963円)
・T6 AWD Inscription (9,818,519円)

ディーゼルエンジン
・D5 AWD Momentum (8,850,926円)
・D5 AWD Inscription (9,716,666円)
↑今回の試乗車


ガソリンエンジン+プラグインハイブリッド
・T8 Twin Engine AWD Inscription (11,244,444円)
・T8 Twin Engine AWD Excellence (13,536,112円)


エンジンは全て4気筒の2L
数字が大きくなるほど出力が大きくなっていく法則です。


トランスミッションは全グレードでアイシンAW製の8速トルコンATを搭載しています。

ボルボのディーゼルエンジンは、デンソーと共同開発してるんですって。
ボルボは輸入車の中でも日本企業が多く携わってるので、自分の会社がボルボ車の部品を作ってるという人も多いんじゃないかな。


前回までのエクステリア、インテリア質感編、インテリア装・機能編、ドライビング編はこちら
XC90記事一覧







XC90のここが○

・びっくりするくらい静かなディーゼルエンジン





この車6気筒のガソリンエンジンですか??
って疑ってしまうほど静かすぎたXC90のエンジン。


試乗時はセールスの方がエンジンをかけた状態で車を用意してくれていたので、ガッツリ外からエンジン音を聞ける状態でいたのにあんなに静かとは思ってもいませんでした。
「聞こうとする」ではなく「聴こうとする」ようにしていれば、かすかなノイズは確かに耳に入ってきます。

けど、XC90はスポーツ系SUVではないし、試乗したD5はましてやディーゼルなので、多くの人はエンジン音を「聴く」ことは無いに等しいと思うんですよね。
私はディーゼル好きなので、究極に暇な時間があればこの車のエンジン音をひたすら聴いているかもしれません。生産性のない時間の過ごし方日本代表に入れそうですね。





XC90の静かなディーゼルエンジンは、アイシンAWの8速ATも貢献しているのは間違いありません。
多段化することによってギア比を細かくすることができ、エンジンをぶん回さなくてもすぐシフトアップしてくれるから、ただでさえ静かなエンジンが余計な音を立てない。
多段ATは高速を走ればその恩恵を1000%受けることができるので、XC90は高速道路が一番得意なのかもしれませんね。


その後に試乗した同じエンジンを積んだXC60は、外からでも少しディーゼルらしい音は聞こえました。
やっぱりXC90は1000万級のフラッグシップだけあって、遮音についてもとことんやっているんでしょうね。

エンジン単体だと、マツダのディーゼルより少し静かかなといった感じですが、どっちも静かすぎて正直よく分かりません。
横置きのディーゼルエンジンは、ボルボとマツダとプジョーが静粛性に特に優れていると思いました。

メルセデスの横置きディーゼルは回すとちょっとうるさかったです。



XC90のここが○

・和室にいるかのような落ち着いたインテリア





新世代ボルボはエクステリアデザインの洗練度も魅力ですが、インテリアの高いセンスも大きな魅力だと思います。

その中でも本物の木を使ったパネル、XC90の展示車にはリニアウォールナットウッドという、茶色の木が使われていて、新世代ボルボに乗るのは初めてなのに何も違和感なく落ち着いた空間があったんですよね。





例えるなら和室いるような感じ。

靴を脱いで畳の部屋に足を踏み入れたときの、リフレッシュできるあの香りや畳の手触り。
フローリングの部屋に慣れてしまった時代でも、和室に入るとなんか落ち着く瞬間が日本人にはあると思うんです。無かったらごめんなさい。


XC90のインテリアは高級感がありながらも、主張は控えめでギラギラしていない。

本物の木を贅沢に使っているという点では、メルセデスのインテリアにも似ているところがありますね。
けどメルセデスのインテリアは、64色のアンビエントライトや液晶ディスプレイを2つ繋げたメーターなどが、都会的な雰囲気や未来感をすごく出していて、これは完全に好みの話だけれどボルボの落ち着く内装は、日本人の心にもぴったりなのではないでしょうか。




XC90のここが○

・でかいのに意外と運転しやすい





全長4950mm、全幅約1960mmと、さすがのアメリカ人でもでかいと思いそうなXC90のボディサイズ。
というかアメリカ人的にでかい車ってどのくらいのサイズなんですかね。全長5500mm、全幅2500mmくらいならさすがにでかいと思うんですかね、知らんけど。


日本で運転するには冷や汗必須のこのサイズ。冷や汗かいたらシートベンチレーターで湿気を吸い取ってもらいましょう。
運転前に制汗スプレーをしておけば運転に自信が出る訳ありません。


けど!意外にも運転しやすいのがXC90!

スクエアなボディは車の四隅を把握しやすいですし、最小回転半径は6.0mと大きめですが、左折時でもでかいボディを気にすることなくクリアできたのは驚きでしたね。


さらに目線が高く、遠くまで見渡せる運転しやすいXC90は、ボルボ自慢の先進安全装備の出番が無いんじゃないかってほどの運転のしやすさでした。















XC90のここが☓

・低速域で軽すぎるステアリング






まあずおらびっくりこいたわァ~~~

こんなでかい車だから低速域でもステアリングはある程度重厚感のある感じかな~
と思っていたら、「え、これ国産Bセグコンパクトカー??」ってくらいにステアリングが軽くびっくり。

もちろん車速感応式のパワステなので、スピードが出てれば安心感のある重さに変わります。
けど見た目とのギャップというか、試乗前にイメージしてたのと全く違っていたため、繊細な操作ができるようにもう少し重めでも良いのかなと思いました。


けどこれはドライブモードをインディヴィジュアルにして、ステアリングだけダイナミックにすれば解決。



XC90のここが☓

・ACCの自動再発進が高速道路上でも3秒以内に留まる





これはXC90というよりボルボ車全般に言えることです。

XC90のあとに試乗させて頂いたXC60では高速試乗もさせてもらい、ボルボの運転支援システムをたっぷり味わうことができました。


ACCの加減速と車線中央を維持するステアリングアシストは本当に完成度が高くてびっくり!
これなら機械が介入していることに気付かない人も多いような気もしますし、BMWや日産のように手放し運転こそできないけど、メルセデス同様にシステムの完成度はトップクラスだなと思いました。


だからこそ高速道路上でもACCの自動再発進が3秒以内に留まるのは残念すぎる!!
なんで残念に思うかというと、メルセデスの場合一般道での自動再発進はボルボと同じ3秒以内なのですが、高速道路上だとなんと30秒以内であれば自動再発進してくれるんです。

この30秒以内の自動再発進機能、中央道上り線三鷹付近の渋滞では大活躍してくれるんですよね。
まあ3秒過ぎたらアクセル踏むかACCのスイッチ押せば良いだけなのですが、せっかくなら自動再発進してほしいですし。








はい!ということでXC90の良いところ、ダメだと思うところを書いてきました。





正直言うと1000万クラスの車にネガらしいネガは無いに等しいです(笑)

ボルボ全体だと先程挙げた自動再発進とかが該当しますが、XC90だけって考えると………欲しいのに1000万円もするから手に入らないこと。
完全に個人的な話になっちゃいましたね。

周りのライバル達がエンジン縦置きFRベース(Audi Q7は縦置きFFベース)なのに対し、XC90はエンジン横置きFFベースの4輪駆動車と、周りのプレミアムブランドの車たちとは違いますが1000万円の価値は十分にあると思います。


高級ミニバンでは叶えられない夢も、XC90では叶えることができるんだろうな。










ということで、ボルボXC90が気になってる人、現在車の購入を検討している人は下のリンクから今の車の相場を知っておくことをおすすめします。
ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。


よくある一括査定のサイトとは違い、匿名でOK電話番号の入力も必要ないため、しつこい営業電話にイライラする必要もありません(笑)


ちょっとの入力と愛車の写真があればOK!
一括査定や下取りに出す前に愛車の相場を知っておけば、1~2年のサイクルで車を買うことだってできます。








そして、実写査定に近いリアルタイムの相場査定を知れたら下のリンクから一括査定をしてみましょう!
営業電話はいっぱい来ますが、車を高く売るためのトレードオフってことで。

また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!











今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム