スポンサーリンク

シェル・エネオス・コスモ石油 ハイオクガソリン比較してみた












(ガソスタは盛れるってやつ。過去の愛車なのでナンバーは隠しません。)





3度の飯より愛車の給油なみなさんお待たせしましたァ!!



私は3度の飯の方が好きです。4度の飯でもいいくらい飯が好きです。
あ、ソフトクリームは飯にカウントしないので飯の間に2回ソフトクリームも食べときたいですね。







まあそんなことはどうでもいいんだけど、愛車にハイオクガソリンを入れてるみなさんはどこのスタンドで給油をしていますか?


最近は石油元売企業の吸収合併が相次いでますが、それでもエネオス、コスモ石油、シェル、出光と大きいところでもこれだけあります。
どこで入れたらいいのか、そもそもハイオクに違いがあるのか、高い金払うんだから車にとって一番良いハイオクガソリンはどれなのか、ふと疑問に思い実際に給油をしてみた比較レポート!!


来週あたり仕事中に、なんだか地面に異変を感じて掘ってみたら石油が出てきて、今までの人生から一変石油王になりて~~~~!!!
ごめんなさいIQ6(推定)なのでこんなことしか考えることができません。








まずは昭和シェル石油から






何を隠そう私は4年ほど前からシェル一筋のシェルラーとして、レギュラーガソリンのフィットRSに乗ってるころからシェルのガソリンを入れてきました。

友人が「シェルのVパワーめっちゃ調子良い!」と言っていたので、何を思ったのかは知らないが、レギュラーガソリンなのに私もシェルで入れるようになったのが始まり。それまで利用してたとこより安かったですし。


シェルのハイオクは、日本では約5年前から「SHELL V-POWER」というハイオクガソリンの販売を始めました。

Vパワーの特徴はというと、

Shell V-Power。
それは、走るほどにエンジンを洗浄し、保護するように設計されたシェル製品の中で最も性能の高いハイオクガソリン。


クルマ本来の性能を引き出す。それこそが、この高性能ハイオクガソリンが開発された理由です。Shell V-Powerには、エンジンの性能を低下させてしまうエンジン内の汚れに対して効果的に作用し、走るほどにエンジンを洗浄し、保護する設計になっています。かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです。

燃料開発へのあくなき情熱から生まれた、世界67カ国で愛されるメガブランド。

Shell V-Powerは、シェルの100年以上にわたる高性能燃料への取り組みから生まれました。進化し続ける自動車やドライバーのニーズに応えるために、全世界で200名以上のシェルの科学者とエンジニアが、イノベーション、開発に取り組んできたのです。
この、科学者とエンジニアのあくなき情熱から生まれたShell V-Powerは、1998年に香港で発売開始以来、プレミアムガソリンブランドとして成長を遂げており、現在は世界67カ国で展開するメガブランドとなっています。

クリーン&プロテクト・テクノロジーTM

Shell V-Powerは、走るほどに、エンジン内のきわめて重要なパーツを洗浄し、保護します。
シェル独自のクリーン&プロテクト・テクノロジーTMを採用した、この新しいハイオクは、愛車のエンジン性能を回復させ、その状態を維持するよう、設計されています。



※昭和シェル石油ホームページより引用


とのこと。
シェルホームページの説明では、走るごとにエンジンが洗浄されるということが大々的に記されているので、Vパワーの一番のセールスポイントなんでしょうね。





そうそう、VパワーのCMでは「フェラーリが認めたハイオク」と言っていたのもよく覚えています。
私はハイオクデビューしてからずっとシェルのVパワーなので、他社のハイオクに比べて体感的な違いというのは正直分かりません。ごめんなさい。

それと、私が乗ってきたCLA180とC180クーペのエンジンは、どちらも普通すぎて普通なエンジンなので、AMGなどのハイパフォーマンスエンジンが載ってる車の方が違いは分かりやすいかも。

それでも、フェラーリが認めたというのだから説得力はありますよね。
フェラーリのブランド力ってとんでもねえ。








お次はENEOS






つい最近ESSO、Mobileとゼネラルを統合させたエネオス。
どこ走っても街中エネオスだらけで、シェルラーの私は「頼むガソリンもってくれ今エンプティー点くなよ」と怯えながら運転することが1年に3回あります。少ないですね。


ということで、そんな私が初めてエネオスのハイオクを入れてみました。(ほんとは2回目)




名乗ってくれないのでなんて名前だか分からないけど、良い奴そうな顔したゴリラに案内されるがまま、エネオスのハイオクをCクーペに入れてみます。




あまり混ざらないようにするため、エンプティーランプが点灯するまで頑張りました。



そんなエネオスのハイオクの特徴は、


エンジンをクリーンに

合成清浄剤を添加しており、カーボンの汚れなどがエンジン吸気系に付着しづらくなります。また合成清浄剤は、連続給油することにより、その効果が持続されます。

グンと伸びのある加速に

吸気バルブにカーボンの汚れが堆積すると、混合気の流れが妨げられて加速性能が悪化します。ENEOSハイオクガソリンは、そうしたエンジン内の汚れ付着を低減し、本来のパワーに近づけます。

環境保全に貢献

エンジン内の汚れは空気とガソリンの燃焼状態を乱します。ENEOSハイオクガソリンでエンジンをきれいに保てば、有害な排出ガスの発生を抑えられ、環境保全にも貢献します。

ハイオクトップレベルの走り

ハイオクガソリンのJIS規格はオクタン価96以上ですが、ENEOSハイオクガソリンは国内最高水準のオクタン価。よりエンジンにやさしいガソリンを使うことで、運転性の向上などの効果が期待できます。



※JXTGエネルギーホームページより引用


とのこと。
オクタン価が国内最高基準ということですが、ハイオクのオクタン価はどの会社も同じだと思ってたので、ここにも違いがあるなんて意外でした。


で、実際に給油して走ってみた感想ですが、
・エンジンのトルク上がった?
・回転落ちがにぶくなった(気がする)


いつもと同じ感覚でアクセルを踏んでいたのに、なんだかいつも以上に加速をしていったんですよね。
このときはまだエネオスのハイオクの特徴を調べる前だったので、プラシーボ効果でもなんでもないガチの感想です。


そして回転落ちもにぶくなったような気がしました。
C180は元々スポーティーなエンジンじゃないから回転落ちはにぶい方なんですが、アクセルを離してもいつも以上にシフトダウンが遅く、アクセルオフでも流れに合わせてそこそこ走ることができました。

ということで、エネオスのハイオクは加速も良いしアクセルオフでも進んでくし、アクセルを踏む量が減るから結果燃費が向上するってことかもしれません。


シェル一筋(特に意味はないけど)だったけど、エネオスのハイオクが意外にも良かったので変えようかな~









最後はコスモ石油






私はシェルラーになる前はずっとコスモ石油で給油をしていました。
単純に家から近かったのですが、めっちゃクセの強い店員さんがいて面白かったです。あの人元気でやってるかな。






ほんとはエンプティーランプが点いてから給油をしたかったのですが、この先約50km高速で山登りをしなければいけないのと、高速を降りた先にコスモ石油があっても営業時間を過ぎてしまっていたのでこのタイミングでの給油です。

流れのいい下道を走ると、JC08モード燃費が14.1km/LのC180クーペでも18.8km/Lという超低燃費を叩き出してくれます。
ちなみにこのあと高速で山登りをしたので一気に燃費は悪くなったので、私のメンタルは中央道の某トンネルに置き去りのままです。





エネオスで給油した日から1週間後の給油でしたが、エネオスのハイオクと11円も単価が違うことにびっくり。
長野県は場所によってもガソリンの値段が大きく変わるもんだから、やっぱり松本や長野市の方が安いんだろうな。



で、コスモ石油のハイオクの特徴は、



エンジンをクリーンにすることで有害排気ガスを大幅に減らします。ハイオクは大気への硫黄分の排出を徹底的に抑えることで、ドライバーやエンジンだけでなく、環境に対してもやさしい性能を備えているのです。


気になる燃費もハイオクガソリンなら、レギュラーガソリンに比べて最大2.8%も向上。燃費をよくすることで、大切な石油資源を有効に使います。またハイオク仕様車のエンジン性能を十分に発揮することが可能です。


エンジン内の不純物付着率を80%もダウン。「スーパーマグナム」の洗浄力はレギュラーガソリンに比べて最大約5倍の清浄性能。使い続けるほどに、エンジン内をきれいにしてくれます。




※コスモ石油マーケティングホームページより引用


エネオスにも書いてありましたが、ハイオクは有害排気ガスの排出がレギュラーガソリンよりも少ないんですね。これも知りませんでした。

燃費も向上するとのことなので、レギュラーガソリン仕様の車にハイオクを入れても一応効果はあるんですかね?
有害排気ガスが大幅に減らせるならレギュラーガソリン仕様の車にもハイオクを義務化してほしいマンです。





そして、コスモ石油のハイオクを給油して走ってみた感想ですが、

・よく分からん

……現場からは以上です。


正直エネオスやシェルとの違いはよく分かりませんでしたごめんなさい。







ハイオクガソリン比較まとめ!





はい!ということでハイオクガソリンの比較をしてみました。

ハイオクは正直どこもあんま変わらんらって思っていたけど、意外にも違いはありましたね。
エネオスとコスモ石油は、有害排気ガスの排出を抑えられると書いてあったのは個人的にポイント高いです。

シェルのVパワーだけと思っていたエンジンの洗浄力も、エネオスやコスモ石油にもちゃんとあるんだなと。
そりゃそうだろと思うかもしれませんが、今回比較してみて初めて分かったこともたくさんありましたし、ハイオク勢のみなさんに少しでも有益な記事になれたでしょうか。


エネオスに変えようと思うけど、シェルイージーペイ的なの作るの面倒くさいしシェルのままでいいや~~~~









今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの役に立てれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム