スポンサーリンク

【時代の先駆者】メルセデス・ベンツCLA試乗レポート① エクステリア編!元CLAオーナーの目にはどう映るのか








メルセデスのデザインをリードする


生まれ変わったCLAの美意識









※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!






2019年8月にモデルチェンジしたメルセデスのCLAを試乗してきました!
CLAの元オーナーである私が、先代CLAと比較しながら試乗レポートを書いていきます。

※初めて買った輸入車で、人生を変えてくれたと言っても過言ではないCLAの記事なので、愛が溢れちゃうかもしれませんがご了承ください。



◆CLAのラインアップ

CLAクーペ
・CLA 200d(4,720,000円)
↑今回の試乗車
・CLA 250 4MATIC (5,340,000円)

CLAシューティングブレーク
・CLA 200d Shooting Brake (4,820,000円)
・CLA 250 4MATIC Shooting Brake (5,440,000円)



先代には無かったディーゼルが新型では設定されているのも変わったポイント。
エントリー価格は先代のCLA180(1.6Lガソリンターボ)より約100万円高くなっていますが、エンジンの違いや特に装備がありえないほど充実しているので、無闇やたらに高いという訳ではなさそう。




そういえば新型CLAが発表されてすぐ、我慢できなかったので解説記事を書いていました。
新型CLAデビュー!元CLAオーナーが徹底解説&気になるところ! エクステリア編


新型CLAデビュー!元CLAオーナーが徹底解説&気になるところ! インテリア、装備、AMGについての予測も!




それでは前置きはほどほどにして、生まれ変わったCLAのエクステリアを先代と見比べながらチェック!

今回はCLA 200dにAMGラインが付いた4ドアのクーペになります。





まずフロントマスク、とにかくかっこいい!!

CLS以降のSensual Purity(官能的純粋)のテーマを基にデザインされたこの車、先代は新型Aクラスとほぼ見分けがつかないほどそっくりだったフロントマスクですが、新型は1830mmにまで広がった全幅と、涙袋のようなヘッドライト下部がAクラスとははっきりと異なる印象を与えてくれています。


展示車のボディーカラーはジュピターレッドという、先代からあるソリッドカラーで、オプション代はかからない色です。
先代CLAのジュピターレッドは正直そこまでかっこよさや色気を感じませんでしたが、新型は色の深みや色気がまるで違って見えるので、Cクラス以上では約20万円もするヒヤシンスレッドかと最初は思ってました。





上の写真は先代のCLA。
それにしてもノーザンライツブラックのカラーがほんとに美しいです。黒ではなく紫で、CLAの独特な妖艶さやちょっと怪しい雰囲気を一層引き立ててくれる色は、これにして良かったといつも思わせてくれました。

見比べてみると一目瞭然ですね。
グリルの形が変わり、ワイド感が強まった新型は多くの人がかっこいいと思えるフロントマスクなのではないでしょうか。


そんなガラリと変わったCLAですが、ヘッドライト下部のフェンダー寄りを見てみると、先代にも涙袋のようになっているところがあり、こういった細かいところで受け継いだものがあるのは先代オーナーとしてはなんだか嬉しいですし、個人的にこの涙袋はCLAの表情にアクセントを与えていると思ってたので。





グリルは無数のクロームのドットが美しいダイヤモンドグリル。

ドでかいスリーポインテッドスターの中にはお馴染みのレーダーが入っていて、大きさは先代と変わらないはず。
これ以上エンブレムがでかくなるのは勘弁してほしいので今がちょうどいいです。


そしてエンブレムの上にちょこんと居座ってるやーつ。
私のCクラスにはないフロントカメラが付いてるんです!


悔しい!!!!
Aクラスにもフロントカメラがあったから、そうなることは分かっていたんだけど、メルセデスで一番売れるCクラスに無いのはちょっとキツいっすね。






フロントバンパーのサイドはいかにも空力が良さそうなデザインになってますが、正面は全て空気に通り抜けはできないようになっています。

メルセデスはフロントフォグを持たない車が大多数なので、AMGラインをつけるとアグレッシブなフロントバンパーになり、ダミーは嫌だと感じる人も多そう。
私は特別好きってわけではないけど嫌いでもないです。





先程の写真では分かりませんでしたが、このフロントバンパーサイドはちゃんと空気の通り抜けができるようになっています。

横から見たときは空気の抜け穴が見えてちょっとアレなのですが、ちゃんと機能性があるなら完全ダミーより良いかな。
先代CLAは確か完全ダミーだったはず。





ちょっと分かりづらいかもしれませんが、ボンネットにもCLAの特徴が現れています。

真ん中の盛り上がってる部分はパワードームと言い、SクーペやAMG GTなど一部のモデルにか採用されないデザインなんですよね。
それがCLAには先代から採用されていて、トップモデルの仲間入りをした気分でいられるのはすごい嬉しかったです。

同じクーペでもCクラスにパワードームは無いのでやっぱりCクラスの序列低くないか???(気にしすぎ)





真横からは撮れなかったので斜め後ろから。

キャラクターラインを無くした新型CLA、優雅なフォルムとジュピターレッドの色がCセグとは思えない上級感があって、気付いたら見惚れちゃってました。
これに大好きなAMGのマルチスポークホイールを履かせたら、私の語彙力は天に召されてしまいます。


CLAのボディサイズは、全長4690mm(AMGライン装着車は4695mm)×全幅1830mm×全高1430mmホイールベースは2730mmとなっています。

先代前期のCLA(AMGライン装着車)より、全長+10mm、全幅+50mmとなっていて、全長はあまり変わっていませんが全幅は50mmも広がりました。

そりゃトレッドも広がってかっこよくなるわけですわァ。
てかサイズ的にDセグじゃん!!


ちなみに私のCクーペと新型CLA(AMGライン装着車)を比べると、全長-5mm、全幅+20mm、全高-25mmとなっていて全幅に至ってはCクラスより広いですからね。

ってことは次期Cクラスの全幅は1840mm程度になるってことなので、これ以上の肥大化は正直やめてほしいですし、4年連続で国内輸入ブランド販売台数首位のメルセデスベンツ日本さん、次期Cクラスの全幅をでかくしすぎないようドイツ本国に要望出しといてくださいまじで。





先代CLAは、ヘッドライトからリアフェンダーに向けてのドロッピングラインが特徴でした。

確かに写真を撮るときは、キャラクターラインなどの分かりやすいアイコンがあったほうが絵になりやすいです。
その点新型CLAはカメラの腕を磨くのに適した車かも??





ホイールは18インチの空力を意識したというお馴染みのもの。
メルセデスの車を紹介するたび書いてるような気がしますが、どの車もこのホイールしか履かないからいい加減変えてほしいです。

正直このホイールは好きじゃないので、私がCLAを買うなら、200dで価格を抑えといてディーラーオプションにあるAMGのマルチスポークホイールに変えます。


タイヤはハンコック製でランフラットではありません。
アジアンタイヤアレルギーの人も多そうな日本ですが、メルセデスの承認マークである「MO」の文字がしっかり刻まれているので性能は保証されています。





タイヤサイズは225/45R18となり、先代は225/40R18だったので外径が22mm大きくなりました。

そのため、先代CLAから新型へ乗り換える人で、スタッドレスタイヤを17インチに落とす場合はタイヤを新しくしなければいけません。
先代で履いてた225/45R17は履けないので225/55R17が一番近いサイズになります。





後ろ姿も大きく変わりましたね。
ナンバープレートがリアバンパーに移り、スリーポインテッドスターのところにバックカメラと、そこを押すとトランクが開くようになっています。

先代オーナー的に残念なのが、テールランプが分割式になったこと。

その分トランクの開口部が大きくなったため、特にシューティングブレークでは利便性は大きくアップしましたが、先代のとにかくデザイン第一主義が若干薄れたのかなと。
きっと市場からトランクの開口部が狭くて使いづらいって声が大きかったんでしょうけど、そしたらCクラスを買えばいいじゃんって私は思いますけどね。





このボリューム感溢れるセクシーなリアフェンダーは控えめに言ってたまらんです。




続いてライトチェック!





デイライト兼スモールはこんな感じ。

CLSやAクラスと同じでシャープなライトですが、CLAの特徴として、下部も少し光るようになっているのがポイント。
CLSやAクラスのライトは正直見分けがつかないし、少し単調な気がしてたので、CLAのデイライト兼スモールは表情も加わった印象でとても素敵に思えます。






ウインカーももちろんLEDですが、メルセデスなので流れるタイプではありません。

先代はLEDの粒が分かるタイプだったので、新型のシームレスに光るウインカーも、この車を上のクラスへと押し上げてる印象があります。





ロービームを点けるとこんな感じ。

AMGラインを選ぶとマルチビームLEDヘッドライトも装備されます。
Cクラス以上の片側84個ものとは違い、片側18個と減ってしまいますが、それでも超ハイテクライトがあるのは嬉しいですね。





そしてテールランプ。

実車を見るまであまり好きになれなかったテールランプですが、近づいてみてみるとこれまた美しい。
先代ほどの衝撃は無いけれど、緩やかなカーブを描く立体的なテールランプは存在感があってこれも素敵ですね。

デイライト兼ポジション同様のデザインがテールランプにもあります。





先代前期型のCLAは衝撃的テールランプでした。

蝶々が羽を広げたような後ろ姿に一目惚れして、フィットRSから輸入車デビューをした私にとっては一生一番好きであろうテールランプ。





リアのウインカーはこんな感じ。

フロントと違って粒がはっきり分かるタイプだけど、安っぽくは見えないし好きです。








CLAエクステリア編まとめ!






はい!ということで新型CLAのエクステリアを見てきました。

先代よりも大きくなったサイズのおかげで、Aクラスの4ドアクーペというよりCクラスの派生と言っても良いくらい立派になりましたし、そりゃCクラス4ドアクーペ出ねえわなと納得してしまうどクラスを超えたデザインでした。





1830mmにも広がった全幅は正直勘弁してほしいけど、かっこよさとのトレードオフでしょうか。
Aクラスセダンと被るじゃねえか!という声もありますが、CLAのエクステリアデザインは表情豊かで、先代オーナーも思わずデザインで買いたくなるくらい、生まれ変わったCLAの美意識に惚れ惚れしちゃいましたね。


次回はインテリアの質感編!
私は先代CLAのインテリアに不満があったのですが、そこがどう変わってるかお楽しみに!!








ということで、メルセデス・ベンツCLAが気になってる人、現在車の購入を検討している人は下のリンクから今の車の相場を知っておくことをおすすめします。
ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。


よくある一括査定のサイトとは違い、匿名でOK電話番号の入力も必要ないため、しつこい営業電話にイライラする必要もありません(笑)


ちょっとの入力と愛車の写真があればOK!
一括査定や下取りに出す前に愛車の相場を知っておけば、1~2年のサイクルで車を買うことだってできます。








そして、実写査定に近いリアルタイムの相場査定を知れたら下のリンクから一括査定をしてみましょう!
営業電話はいっぱい来ますが、車を高く売るためのトレードオフってことで。

また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!











今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム