スポンサーリンク

【時代の先駆者】メルセデス・ベンツCLA試乗レポート④ ドライビング編!








CLA試乗レポート第4弾!


ライバルはもはやCクラス?










※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!







2019年8月にモデルチェンジしたメルセデスのCLAを試乗してきました!
CLAの元オーナーである私が、先代CLAと比較しながら試乗レポートを書いていきます。

※初めて買った輸入車で、人生を変えてくれたと言っても過言ではないCLAの記事なので、愛が溢れちゃうかもしれませんがご了承ください。



◆CLAのラインアップ

CLAクーペ
・CLA 200d(4,720,000円)
↑今回の試乗車
・CLA 250 4MATIC (5,340,000円)

CLAシューティングブレーク
・CLA 200d Shooting Brake (4,820,000円)
・CLA 250 4MATIC Shooting Brake (5,440,000円)



先代には無かったディーゼルが新型では設定されているのも変わったポイント。
エントリー価格は先代のCLA180(1.6Lガソリンターボ)より約100万円高くなっていますが、エンジンの違いや特に装備がありえないほど充実しているので、無闇やたらに高いという訳ではなさそう。




前回のエクステリア編、インテリア質感編、機能・装備編はこちら

CLA記事一覧



今回は新型CLAの走りについて!

CLAのドラポジがとっても懐かしかったです。







試乗車は2Lのディーゼルを積んだCLA200dで、乗り込む前からすでにエンジンはかかっていたので音をよく聞いてみると、さすがに外からはディーゼルらしい音は聞こえます。

CLAはAクラスと違い、ボンネット裏にインシュレーターがあるのでA200dよりかは静かだった記憶。
※A200dにはインシュレーターは装備されているそうです。

ボディタイプとデザインの一部以外はほぼ同じだと思われがちな両車ですが、細かいところでも違いはあり、CLAは若い世代だけでなく今までCクラス以上のモデルに乗ってきた人もターゲットになるんですね。






CLAのシートは私が乗っていたCクーペとは違い、バックレストがフラット気味になっていて、背中が丸くならないのがすごく良かったです。

Cクーペのシートって背中が丸くなってしまい、長距離を走るとすぐ腰が痛くなってしまうのが難点だったんですよね。
その点CLAのシートは背中をしっかり預けられたので期待が高まります。





今回試乗させて頂いたのは、私はもう実家だと思っているメルセデスミー東京です。
ここで試乗したことのある人なら分かると思いますが、試乗車が並んでる駐車場から通りに出るまでの道は狭いし路駐は多いしで運転しづらいのですが、CLAには360°カメラが標準装備となっているのでそんな道も安心して運転ができちゃいます。


メルセデス好きにとっては夢の国!? Mercedes me Tokyoに行ってきた話


特にCクラスより20mm広い1830mmの全幅はビビらざるを得ませんが、東京都心×幅広な車という田舎モン殺しの条件下でも360°カメラのおかげで運転しやすく、そら東京でも当たり前のように走ってるわなって感じでした。(語彙力)





通りに出て、超高級車で溢れかえってる出光がある信号でひたすら待ちます。
アイドリング中は振動が大きめでびっくり。

もちろんアイドリングストップは付いているので、エンジンを停止させておけば解決ではありますが、真夏などのアイストが作動しないときは結構我慢が必要になるかもしれません。


逆にその振動を利用して、「マイクロ波~~」と信号待ちの間に遊んでると、周りから変な目で見られるので目立ちたい人にはおすすめします。


CLA200dのエンジンスペックは、最高出力150ps/3400~4400rpm,最大トルク32.6kgf·m/1400~3200rpm


エンジンスペックは可もなく不可もなくといった感じですが、このエンジンの縦置き版はFR系メルセデスでも広く使われていて、チューニング違いで250馬力くらいのものもあるので、CLAにそんなハイパワーディーゼルの4MATICがあったら長野県在住の24歳の青年はウルトラハッピーでございます。

トランスミッションはメルセデス製の8速DCTで、全グレードFFとなっています。





信号が青になったのでアクセルを踏み込んだら、メルセデス特有のアクセルレスポンスのダルさが無く、しかも軽快に吹け上がっていくエンジンはまるでガソリンのCLA250に乗っているようでした。
加速時は確かにディーゼルのザラついた音は聞こえるのですが、マッチョなエンジンに引っ張られてる感がビンビンにあって嫌いじゃないです。

Aクラスに試乗したときもアクセルの反応の良さに驚いて、今までのメルセデスと違う味付けを不思議に思ったのでスタッフにきいてみたら、ライバルたちも小排気量なのに元気の良い走りをするからメルセデスもそれらに負けないに味付けをしているとのことでした。
確かにこのクラスは特に競争も激しいし、他ブランドからの乗り換えも多そうだからその理由には納得できるけど、ずっとメルセデスを乗り継いでる人にとってはちょっと安心できないかなと。





青山通りを巡航しているとき、エンジンは1500回転辺りをキープしていました。
アイドリングではそこそこやかましかったディーゼルエンジンも、巡航時はとにかく静か!!

18インチのハンコック製タイヤを履いたA180ではロードノイズがものすごく気になって仕方なかったのですが、同じサイズの同じ銘柄のタイヤを履いたCLAはロードノイズも静か!

青山通りの路面が綺麗になったのかと思ったほどCLAは静かでしたし、私が所有していた先代CLAのBS製18インチよりも静かで驚きまくり。
A180と同じタイヤを履いているのに静かってことは、車側の遮音もAクラスとは差別化されているんでしょうし、巡航時は静かなエンジンとも相まって、CLA200dなら東北や九州も車で行っちゃいそうなほど長距離に向いているなと思いましたね。





ホンダの青山本社がある信号を左折すると、ちょっとしたカーブあるのでハンドリングタイムに突入。

時速40km以上で重くなるステアリングは、いつものメルセデスだよねと思う安心感。
Aクラスよりも長いリアエンドとトランクのおかげでリアが重くなったため、接地感はCクラスと同様と言ってもいいくらいにFR系メルセデスと同じ安心できるハンドリングでした。


楽しさが欲しければBMWを買いましょう。
……なんだけど、ダイナミックセレクトでステアリングを重くして、横滑り防止装置の介入を一番弱くすればメルセデス・ベンツでも安心感だけじゃない楽しい走りは出来ますし、ディーゼルのフロントヘビーさも全然気になりませんでした。





ハンドリングタイムの道は段差舗装がされているのですが、このCLAはまじで乗り心地が良い!!
ちなみにおろしたての新車で全然距離走っていないのと、パッシブダンパーにコイルサスなので、エアサスなどのチートは一切入ってないです。

それに路面のうねりもや出っ張りも見事に丸めてお尻へ伝えてくれるこの感覚は、先代CLAでは30,000kmを超えないと味わえない感覚でしたし、一般道での乗り心地は19インチランフラット、エアサス&電子制御ダンパーのCクーペと同等かそれ以上に快適な乗り心地だったかもしれません。

車そのものの進化もでかいけど、ランフラットタイヤではなくなったことも大きなポイントなのかもしれません。
結局ランフラットの評判も悪くて、日本に輸入されるメルセデスのほとんどが普通のタイヤに戻ったけど、私もメルセデスに3年ちょっと乗っててランフラットのありがたみを感じたことがなかったので普通のタイヤが良いです。





楽しかった試乗もあっという間に終盤。

信号が赤に変わったので減速をしたら、止まる寸前のコントロールがすごく難しかったです。

具体的には時速5キロ以下でのコントロールで、右足の力加減を超綿密にしないと、アイドリングストップが作動する際の振動が結構大きくて不快に思ってしまうんですよね。
メルセデスのDCTは低速域でもあまりギクシャクしないスムーズさがあるのですが、やっぱりディーゼルとの組み合わせということで少しばかり覚悟は必要なのかなと。

そういった点ではトルコンATの方が相性は良いんでしょうかね?
メルセデスのDCTは他社のよりダイレクト感は薄くて、どちらかというとトルコンATに近い感じがするので、FFファミリーもトルコンATにすればいいのに(笑)







CLAドライビング編まとめ!





はい!ということでCLA200dのドライビングについて書いてきました。


結論:アイドリング中の振動、音以外はCクラスより良いんじゃないか


まじで。
アイドリング中のエンジン音や振動は結構気になりましたし、プジョーやボルボ、マツダの横置きディーゼルの方が静かで振動も少なかった記憶があります。

けど、ひとたびアクセルを踏み込めば力強い音と軽快な吹け上がりでCLAをグイグイ引っ張っていくエンジンは、気付いたら法定速度を超えてるかもしれないし、もっとアクセル踏みたいのに踏めないもどかしさもあるかもしれません。


おろしたての新車なのにしなやかに動くサスペンション、先代CLAで感じていたザラついたフィーリングはどこかへ帰ってくれましたし、CLAを試乗したときはまだCクーペに乗っていたので、Cクラスに負けるとも劣らない乗り心地はちょっと嫉妬してしまうほどでした(笑)
メルセデスはマイチェンで大きく変わるけど、これだけ走りの快適性が高いとマイチェン後の走りがもう気になって仕方がありませんし、とりあえず後期型のCLA35が欲しいです???


うん、これガソリンの250なら総合的に見てCクラスに勝つかもしれんな。









ということで、メルセデス・ベンツCLAが気になってる人、現在車の購入を検討している人は下のリンクから今の車の相場を知っておくことをおすすめします。
ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。


よくある一括査定のサイトとは違い、匿名でOK電話番号の入力も必要ないため、しつこい営業電話にイライラする必要もありません(笑)


ちょっとの入力と愛車の写真があればOK!
一括査定や下取りに出す前に愛車の相場を知っておけば、1~2年のサイクルで車を買うことだってできます。








そして、実写査定に近いリアルタイムの相場査定を知れたら下のリンクから一括査定をしてみましょう!
営業電話はいっぱい来ますが、車を高く売るためのトレードオフってことで。

また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!











今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







コメント

A200d乗り

インシュレーター
CLAいいですね。
ボンネット裏のインシュレーターがないのはA180だけで、A200dには装備されていると思います。

-

Re: インシュレーター
A200d乗りさん

そうだったのですね。

該当部分は訂正しました。
ご指摘ありがとうございます。
非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム