スポンサーリンク

ボルボ V60オーナーズレポート① 四角いボルボはまじでかっこいい!!







V60オーナーズレポート!


新世代ボルボのかっこよさの秘密









※下のバナーから買い物をしていただいたり、一番下のリンクから愛車の一括査定の申し込みをしていただくと、ブログを続ける活力になります!!







◆V60のラインアップ


ガソリンエンジン
・T5 Momentum(5,082,407円)
・T5 Inscription(6,100,926円)
↑私の愛車


プラグインハイブリッド
・T6 Twin Engine AWD Momentum(6,712,037円)
・T6 Twin Engine AWD Inscription(7,730,556円)
・T8 Twin Engine AWD Inscription(8,443,519円)


こうして見ると、PHEVのラインアップが充実していることに驚き。
ボルボは2019年以降に発売するすべてのモデルにPHEVまたはEVを導入するという宣言を、2017年にどこよりも先に発表しました。

ほんとはディーゼルが欲しかったのですが、日本にはディーゼルが輸入されていないので、ハイオク勢を卒業できないのが悩みですどうも。






まあそんなことはどうでもいいので、ボルボV60のオーナーズレポート、今回はエクステリア編です!



まじでかっこいいぞこの車!!







V60のフロントマスクを見ていたらボディーカラーの影響もあってか、犬に見えきたのは気のせいでしょうか。
犬と猫を飼いたいけど猫アレルギーですどうも。




ぱっと見の印象は四角い

ザ・そのまんまって感じの低レベルな感想でごめんなさい。


前愛車のCクーペは丸みを帯びたフロントマスクだったのでV60は正反対ではあるけれど、彫りの深いバンパーや、デイライトを点けなくても存在感抜群のT字型ライトがドイツ車とは異なる雰囲気を出してるのがすぐに分かります。


ちなみにXC90以降のボルボ車は、ベントレーから移籍してきたデザイナーが指揮を取ってるらしいです。
私はコンチネンタルGTの新車を買ってからじゃないと死ねないマンですが、V60は実質コンチネンタルGTってことなのでもう満足でございます。





このT字型ライトは、北欧神話に出てくるトールハンマーがモチーフになっているそう。

こういった北欧ならではの由来があると、オーナーとしても所有欲が満たされますし、他ブランドにはない特別感があって良いですよね。





フロントバンパーにあるクロムメッキのパーツはInscription専用のもの。

ダミーのパーツで誤魔化してる車の多い中で、V60はそんなことせずに、しかもメッキのパーツまで付けちゃってるから高感度急上昇すぎてまじ富士山です。


私が買ったV60には、約20万円のエクステリア・スタイリング・キットが付いており、フロントバンパー下部に控え目なエアロが装着されています。

エアロなのに控え目ってところがボルボらしくて好き(溺愛)





グリルも控え目な主張だけど、それでも特徴的。

バンパー同様にクロムメッキのグリルはInscription専用のもの。
仕事でクロムメッキの製品に少し携わっているので、クロムメッキは見たくないけど愛車となれば別です。


グリルもよく見てみると何回か折れてるんです。
遠くからだとよく見えないけど、こういった所も近くで見ると表情豊かに見えてくるんですよね。






エンブレムのところには、正義の味方フロントカメラがあり、360°カメラが標準装備となっています。

メルセデス=安全な車なのに、Cクラスはマイチェンでも360°カメラは付かず残念に思っていたので、これが標準装備なのはさすが安全性でメルセデスと1位2位を争ってる(個人的見解)だけありますね。


そうそう、メルセデスとボルボ両方のオーナーになったので、どっちが世界一安全なのか比較記事も書く予定です!





このV60は「ペブルグレーメタリック」という約8万円のオプション色で、カタログの表紙や広報車でもよく見かける色。

名前はグレーだけど実際は薄めのゴールドのような色。
査定は下がるけど、それでもボディカラーには拘りたいので、この色はV60の優雅なシルエットにピッタリ合っててすごく好きな色です。


ボルボもドイツ車同様に、ボディカラーのほとんどがオプションカラーとなっていて、価格も他ブランドとほとんど変わりはありませんね。
そう考えると日本車はほぼ無償カラーだからありがたいな。






デイライトを点けてみると、昼間なのにこの明るさ!!

いや、デイライトだから昼間でも明るくなきゃ意味ないんだけどさ、存在感抜群すぎて追越車線を走っていてもどんどん車が避けていってくれるのは爽快極まりないです(笑)
Cクーペよりも避けていってくれるので、チョコミントの3017595倍は爽快ですし、これなら高速ドライブも快適に過ごせそう。


ちなみにそっくりなV60とV90は、T字型デイライトがグリル方向に飛び出てるのがV60、飛び出てないのがV90という見分け方ができます。
これはSUVのXCシリーズも同じ。





ライトの脇にはちゃんとVOLVOの文字が刻まれていました。


あ、そうそう、このペブルグレーメタリックは意外と汚れが目立ちます。
せっかく綺麗に撮れたのに拡大すると汚れがそこそこ見えちゃうので、次からちゃんと洗車して撮影するようにします(そのうち忘れる)





私がV60のエクステリアで一番好きなのが、真横からのアングル。


四角い車は好みじゃなかったんですけどね、完全に一目惚れです。
先代はスポーティさを重視してBピラーから下がるウィンドウ、荷室の窓は小さめだったのですが、現行V60は240や850とまではいきませんが、往年のボルボエステートを思わせる四角い車に大変身。


ボディサイズは、全長4,760mm×全幅1,850mm×全高1435mmホイールベースは2,870mmとなっています。

Cクラスの全幅が1,810mmだったので、プラス40mmに心配していました。
正直田舎でも道が狭くなった錯覚に陥るので、これ以上の全幅はちょっと勘弁かな~と思います。





サイドスカートも地味だけど純正エアロのパーツになっています。

欲を言えば19インチホイール&電子制御ダンパーが付いてて欲しかったなァ~~~~~~





V60のかっこよさの秘密。


この車はエンジン横置きのFFなのに、ロングノーズ&ショートオーバーハング、ドアとタイヤまでの距離が長いというFRの形をしているんですよね。


エンジン横置きならボンネット短くすりゃいいし、その方が乗員や荷室の空間を広くすることができますが、メルセデスやBMWたちと戦うにはデザインが良くなきゃ同じ土俵には立てないんでしょうね。

だからあえてFRのプロポーションとし、プレミアムブランドとして勝負していくというボルボのビンビンなやる気が感じ取れます。






タイヤは235/45R18が標準で、ボルボはランフラットタイヤではありません。(すごく嬉しい)
スタッドレスは225/50R17のを買いました。


10スポークのホイールは好みのデザインですし、柄のついたスポンジがあれば洗車も楽そうですね。
900kmちょいしか走っていないのにブレーキダストはメルセデスよりもひどいかも(笑)





V60はV90よりもDピラーの角度が立っているので、そこも見分けるポイントのひとつ。


荷物全然積まないけど最高にかっこいいよぉ゛ぉ゛ぉ゛~~~~










給油口はキャップレス。

先代のV60もそうだった気がしますし、日産の車でもキャップレスの給油口ってありましたよね??
確かに便利だけど、ノズルを抜くときは慎重にやらないと、蓋が勢い良く閉まってガソリンが溢れちゃう可能性もあるので慣れが必要です。





縦型のテールランプも昔から続くボルボの伝統ですね。

これにもちゃんと理由があって、2~3台後ろからでもちゃんと識別できるよう縦型のテールランプになっているとのこと。
どこを切り取っても、その根源には安全の2文字があるんですねボルボって。


1,850mmの全幅は先代よりも15mm小さくなりました。

しかもこれ、日本法人からの強い要望が通ったとのこと!すげえ!!
日本はスウェーデンに次いでボルボのエステートが売れること、最大の市場である中国やアメリカではワゴンの需要が無いために、パレット式駐車場の上限である1,850mmの全幅を実現できたそう。


私が住んでいる田舎はパレット式駐車場は無いのですが、駐車場の枠的にも1,850mmで良かったなと思うことは良くあります。


ちなみに先日デビューしたS60もV60と全く同じサイズで全幅は1,850mmとなっているので、ボルボの人気とも相まって売れそうな気がビンビンカーニバル。





マフラーは4本出しっぽいマフラーカッターが装備されていて、これはエクステリアデザインキットの一部。

通常はInscriptionだと平行四辺形のようなものが左右1個ずつ、Momentumは丸いものが左右1個ずつとなっているので、ダミーのマフラーなんてことがないのは見た目的にもやっぱり良いですね。






V60エクステリア編まとめ!






はい!ということで、ボルボV60のエクステリアについて見てきました。


上品という言葉がぴったりすぎるエクステリアデザインは、東京もだけど軽井沢や蓼科高原などの自然豊かなリゾート地が良く似合うなぁ。
スウェーデンも広大な自然に囲まれた国だから、余計に信州の大自然と相性が良い気がします。


ステーションワゴンもDピラーを寝かせたスポーティな雰囲気の車が多い中、V60のDピラーは立ち気味なのにスポーティな雰囲気。

人気のないジャンルの車ではあるけれど、低く構えたスタイリングはSUVではどう足掻いても叶わないかっこよさがありますし、私のように荷物を積まなくてもデザインで買ってしまう人もいるんじゃないかな。





ライトチェックはまた今度、夜のボルボ回でお届けします。


まだメルセデスやBMWほど強力なブランド力は無いし、イメージだけでメルセデスの方が高級だと思う人も多いはず。

だけどボルボの実力はもっともっとすごいんだぞ!ということを伝えるために、これからもボルボの魅力を発信しています!!


納車レポートや、お出かけブログ、V60購入の経緯については下のリンクから見れるので是非!
V60記事一覧










ということで、ボルボV60が気になってる人、現在車の購入を検討している人は下のリンクから今の車の相場を知っておくことをおすすめします。
ディーラーへ行く前にある程度の査定額を知っておけば、ローンのシミュレーションもしやすいですしね。


よくある一括査定のサイトとは違い、匿名でOK電話番号の入力も必要ないため、しつこい営業電話にイライラする必要もありません(笑)


ちょっとの入力と愛車の写真があればOK!
一括査定や下取りに出す前に愛車の相場を知っておけば、1~2年のサイクルで車を買うことだってできます。








そして、実写査定に近いリアルタイムの相場査定を知れたら下のリンクから一括査定をしてみましょう!
営業電話はいっぱい来ますが、車を高く売るためのトレードオフってことで。

また、事前に一括査定をしておけばディーラーでの商談時に下取り価格アップも期待できるかもしれませんよ!!











今日も最後までご覧頂きありがとうございました!


このブログが誰かの車を購入するきっかけになれば嬉しいです!そして、SNSでシェアして頂けるともっと嬉しいです。



次回は明後日の20時公開ですので良かったらまた見てください!!







コメント

非公開コメント

あらい

20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

プロフィール

あらい

Author:あらい
20代前半の普通の会社員が新車でメルセデス・ベンツを買いました。
そして2019年10月、ほぼノリと勢いでボルボV60を買いました。

ボルボやメルセデスを中心に輸入車の試乗(たまに国産車も)、愛車ボルボV60の1ヶ月ごとの維持費レポートや、ソフトクリーム×旅の情報などなど、楽しく役に立つ記事を隔日で更新していきます!


高校3年18の冬、バイトで貯めたお金を頭金にフィットRSの6MT(GK5)を新車で購入。

20歳の夏に高速のトンネルでCLAの蝶々が羽を広げたようなテールランプに一目惚れして、その1年後に認定中古車でメルセデス・ベンツCLA180を購入。

一生縁のないと思ってたメルセデスのオーナーになって、メルセデスの魅力にどっぷりハマり、23歳の秋にC180クーペをまさかの新車で購入。

それから1年後、ブログの取材兼将来の愛車選びで足を運んだボルボディーラーで、なんやかんやあってV60を購入しました。


車のことや、しょうもないこと、変なこともいっぱいツイートしちゃうtwitterアカウントはこちら
@rdlstns_y

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム